今週末の作業予定

 3月の終わりも見えてきたが、サクラなどはどうしているんだろう。花便りも一向に聞こえてこない。まあ、大災害と原発の事故で、それどころではないという気もするが、やはり低温傾向が影響していると思われる。
 さて今週末の作業の一つは浸種中のモミを播くという作業である。実際に苗箱に播くという作業は横浜で行うから、モミを引き揚げて様子を見た上で温水で芽出しをするあたりが週末の作業になる。月曜日は休暇を取って横浜で作業の予定だ。
 住まいの関係の仕事が2点ある。トラクターゲートの最終組立と井戸の手押しポンプの設置である。どちらも準備は整っているので順調に進むとみている。残りの時間は田んぼの畦の整備と苗代の設置にあてる予定。昨年は1号田んぼに苗代を作ったが、今年もそうなりそうだ。ただ、田んぼの底のレベルは一様ではないので、どの部位に作るかは要検討である。
 まだ寒いけれど時間はドンドン過ぎてあわただしくなってきたが、山からホダ木を持ち出して菌を植えるという仕事も残っている。ヒノキ林に戻すのであるいはそちらでの作業になるかもしれない。時期からいうと山蛭も警戒する必要はあるが、この寒さならまだ大丈夫だろう。

comment

Secret

No title

もみ蒔きはうちより、2週間早いですね

先日、水稲用培土を6袋買いました
営農センターの人に「ミネアサヒは早生だよ」って言われました
4月のパート日程が決まったら計画を見直そうかと思ってます。

家で芽が出るまで育ててから田んぼに移動させようかとも
思いましたが重たい育苗器を運んでくるのも面倒なので
田んぼの小屋で種まきをして苗代に直接置くことにしました

No title

2週間も違いますか
普段の年なら早くはないと思うんですが
今年の陽気だとちょっと早い気もしていました。
明日、つけてあるモミの顔を見て
膨らんでいなかったらずらすかもしれません。
2週間つけているけれど、水温は5℃くらいなんですよね。
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード