水撃ポンプについて、さらに調査中

 これについては、前回書いたあともいろいろ調べている。普通の塩ビ管や金物類で作ったものを紹介するHPも見つかった。
水撃ポンプによる水田灌漑の試み
 
水撃ポンプ製作記録

①の前の方に装置と軽トラと並べた写真があるが、かなり巨大な仕掛けである。ただ、ホームセンターで購入できる資材で作ることはできそうだ。この装置の場合、揚程は2mで1.2立米/時という能力を持っているらしい。当農場では、水中ポンプによって3号に揚げる川水が4立米/時程度だが、このうちの一定量を1号もしくは2号に揚げるには最適と思われる。
現在の田んぼの断面は次の通りになっているはずだが、3号から4号への落差109cmを利用して、電気などの力も借りずに2号(+82cm)あるいは1号(156cm)に揚水するということになる。うまくいけば素晴らしい。

田んぼ断面検討図200912

もっとも、この考え方では川から電気で揚水することが前提になっている。できればその部分にこの水撃ポンプを使えればいうことなしである。

comment

Secret

プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード