我が家のロボット(近況)

 2月にやってきたお掃除ロボット君(ルンバ)2名は、淡々としかし順調に役目を果たしつつある。私もときおり、千葉の家の方でボタンを押して命令する業務に携わることがあるが、しばらくガーガー走り回った後、充電のために自分の巣に戻るというかしこさにいつも感心してしまう。
 人間が掃除機をかけると、どうしてもテーブルやイスの下などにホコリが残り、夕方の陽が真横に近い角度で差し込んだりすると、見事に目立ったりするのだが、彼らは結構完璧主義者であり、それなりの配慮をしてやれば掃き残しはほとんどない。10センチに満たない家具などの下や、LPレコードよりちょっと大きい本体が入れないところは苦手なので何とかする必要がある。それと当家にはかなり多い電気のケーブルは絡むと厄介なので始末が必要。ベッドの下などは、通常はなかなか掃除機の先も行き届かないはずだが、よけいなものを積んだりしでいなければ、とてもきれいにしてくれる。それほど大きくはないダストボックスは、そんなときにはチェックした方がいいだろう。
 会所の家では、農作業の合間に掃除をさせることが多いが、2部屋ずつとか台所と廊下といった感じでブロックに分け、次の休憩の時に充電器ごと別のブロックに移したりしている、
 そんな状況だから、当家では使い始めた翌週に2台目を購入したし、カミサンの友人にも伝染して2台分仲介を頼まれたが、そのときにはもう売り切れ、昨日ようやく入荷の連絡が入りその2台も本日到着。このあたり(横浜)ではちょっとしたロボットブームがまき起こっている。

comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード