再生可能エネルギーの活用を進めたい

 水撃ポンプが気になっているが、考えなければならないのは電気にとどまらずエネルギー全体の調達と消費であると思い始めている。再生可能エネルギーとは、自然界に存在するエネルギー源で、人類のスケールに比して事実上枯渇しないものをいうらしい(wikipediaより)が、会所農場を想定して現実的に考えると、やはり水力と太陽光(熱)ということになるだろう。風力も候補にはなるが、電気に変換して実用的に使うとなると、ちょっと障壁は高そうだ。
 水については、田んぼに引いている沢水と川の水の2種があり、実際のところは風力利用と同様の問題はあるが、すでに違う形で利用していることもあり、精神的に取っつきやすい気がする。沢水でパイロットプラント、川で実用化といった段階的導入もできるだろう。
 もう一つの太陽については、温水を作るといった熱の利用は比較的容易だが、毎日使うという生活スタイルではないため、費用対効果に問題があるだろう。太陽光発電は、国家政策的にも推進策が必須と思われるし、条件次第で取り入れたいところだが、それでなくとも財源難の状態に加えて復興財源が必要となることから、過大な期待はできないだろう。しかし、原発後には絶対に浮上するとみている。
 
 忘れてはならないものがある。それは燃料だ。街中と違い会所では、薪・炭・木切れ・竹などを熱源として使うことに大きな障害はない、人間の手間は別。これまでも、タケノコを茹でたりするには購入した炭などを使ってきたが、これなどもはるばる外国から輸入されたものなどではなく、自前のものを使うようにしたいし、電気やLPGを使っている部分についてもそういう見直しを進めたい。せっかくある囲炉裏などは見直して活用する余地がありそうだ。

 ということで、食物以外の部分についても自給自足的考え方の適用余地がある、一つ残念なことは、昨年給湯機を交換したときに前と同様灯油炊きのものにしたことだ。確か薪も使えるものがあった気がする。まあ、薪割りなんかしている暇はなさそうだけれど。

tag : 省エネ 再生可能エネルギー

comment

Secret

No title

都会では限界がありますが会所では可能ですね。
燃料が潤沢ですからストーブも良いですね、、、

No title

何かの本で読んだんですが、(薪)ストーブは
燃料を食うので大変らしいですね。
薪の材料はあっても薪割りが大変になりそうだと思っています。
その点は囲炉裏の方がいいんでしょう。
部屋全体を暖めるのと輻射熱で局部的に暖める違いが
ありますね。
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード