田んぼエンジニアリング

 2年間を振り返ってみると、田んぼというものは、かなり要素が多いエンジニアリング的課題であることがわかってきた。土を動かして平らにし、さらに水を引き込んで溜めるようにする作業は推理を含む土木工学の問題のようだ。それに高校の時の生物化学物理の内容とは類似性が高い。それ以外、たとえば農業としての知識や判断はどうなんだ、と聞かれると答はかなり難しい。ほとんど基本を知らない私がインターネットでいろいろ情報を集めて思いつきでやるもんだから、毎年やり方は変わってしまう。今年4号田んぼでやろうとしている冬季湛水不耕起栽培などは、近所の人に話すと一様にあきれ顔になって、「フエー、そんなの聞いたことねえ」という反応になる。最初の年の乳苗を植えるという方法の時もそうだった。
 しかし、そんな無茶な実験をしても稲はどうもちゃんと育ってくれるようである、プロのように10俵/反とはいかないが、最初がその半分、次の年には前年比2割増だからありがたいものである。今年もきっと稲の頑張りに期待することになるだろう。ま、環境づくりというのが仕事なんじゃないかな。

comment

Secret

プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード