竹藪退治

 当面の作業(里山編)でもちょっと触れたが、竹は結構厄介者のようだ。タケノコ嫌いの私は知らなかったが、大多喜町というとタケノコの名産地らしい。しかし、昔はそのために作った竹藪も、面倒をみないとはびこって大変なことになる。当家の渓谷沿いのの竹藪もそんな感じだ。1974年頃の航空写真で見ると、特徴的な丸い形状の集まった竹林がまだ存在しなかったことが見て取れる。
 ということから、竹藪を退治するHPをいろいろ探してみたが、これも危ないから気をつけろの大合唱。素人は脅かされるばかりである。ただ、竹用ののこぎりが便利らしいことは判明した。あんなツルツルしたものをエンジンのチェーンソーで切るのは、やらなくても怖かったんだ。傘を差して歩けるくらいの間隔、上を見上げると青空が見える位の密度、相当がんばる必要がある。
AUTHOR: yukik URL: DATE: 12/26/2008 05:57:51 Unknown
タケノコが採れるなんて、すばらしい。
きのこも採れるのでは?
この辺でもマイタケが採れるという話を聞いた。野生のマイタケはとても貴重でおいしいらしい。

comment

Secret

プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード