動力散布機の修理

 田植えが終わったが、雨ではやることもそれほどはない。ちょうどよく思い出したのが動力散布機のことだった。平成2年に前の前の土地所有者が9万円で購入した機械だという記録があるそれは、昨年一度エンジンがかかたっきり、そのあと不動になっていたもの。これの修理は、雨の昼間にちょうどいい仕事だ。

動力散布機0

 さて、まずキャブからクリーナーを吹き込むのは田植機と同じ。キャブは、なんと昔懐かしい可変ベンチュリー型だ。SUキャブなんていう有名なものもあった。私の持っていた車の中ではスバル1000スポーツのキャブはこのタイプ。話が逸れた。ちょっと放置してから小さなゴムのポンプでガスを送り込み、エンジンをかけてみる。十数回くらいだろうか、スターターの紐を引っ張るとエンジンはかかった。しかし、すぐに停止する。何度やってもすぐにとまってしまう。どうやらガソリンをちゃんと吸い込めていないらしい。

動力散布機
      完全にしまっていないが、このあとクリーナーを吹き込んだりして
      もうちょっと閉じるようになった。

 そこで、キャブからガソリンタンクにつながる黒いゴムホースを引っ張り出すと、その先には奇妙な物体がついていた。鉛のおもりにゴムのようなものがべったり付着したそれは、もともとはスポンジのようなものだったのが溶解してしまったような感じだ。これではガソリンも容易には吸い込めないだろう。とりあえず、そのゴム状のものを取り外してゴムホースの先に取り付け、タンクの中に突っ込んだ。それでエンジンをスタートさせると、無事起動。おそらく10年間ほど使っていなかったものだが、これで田んぼに米ヌカを撒けるんじゃないかと思う。天気になればの話だが。

comment

Secret

No title

燃料のサクションフィルターが劣化したようですね。 同様にエアクリーナーエレメントもだめでしょう。

シャッターの開閉はどうでしょうか錆付いていないことを、、

No title

>燃料のサクションフィルターが劣化したようですね。 
>同様にエアクリーナーエレメントもだめでしょう。

それでは部品を手配してください。ついでがあるときに受け取りに行きますよ。
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード