普通の田植機で疎植

 今年の実験的試みは、通常の(旧式:ヤンマーAP200)歩行型田植機で疎植に挑戦するというものだった。別に難しいことを考えていたわけではない、植え付けモードではなく移動モードで植え付けをしてみたら間隔が倍くらいになるんじゃないかという単純な発想である。もしかしたら、速度と植え付け速さは連動しているんじゃないかという懸念はあったが、速度がおおむね倍になる移動モードでも植え付けのリズムは全く同じで、結果的に期待通りに植えられたようだ。さっき計ってきたけれど、植え付け間隔は22cm~30cmとなぜかばらついている。しかし、平均では大体25cmといったところである。条間は30cmだが、往復の間は少し広めにしているから、平均は35cm程度だと思う。計算すると3.3㎡あたり38株。もともとの設定は60株/3.3㎡だから、まあまあいい具合ではないかと思う。
 しかし当たり前のことだが、田植機の速度はなるべく遅くした方がいいようである。いろいろいじってはみたけれど、エンジンの調子が完全ではなく、スローが安定しなかったが、チョークを少し引いてストールギリギリという設定で何とか乗り切った。しまう前に、もう少しキャブ周りやガソリンタンク内などをきれいにしてみよう。
 ところで苗の量だが、これは昨年に比べて半分で済んだ。約800㎡の4号は、昨年の8枚の半分の4枚で済んだ。最終的に、ミルキークイーン8枚、コシヒカリ2枚、古代米(黒米)2枚で終わった。全体で12枚。追加で作成した8枚も不要となった。来年はかなり苗作りも簡単になりそうだ。
 
 植え付け間隔とは別に、苗の密度も薄くしている。去年と同程度、70~80g/枚である。去年はスジ播きだったが、今年は種まき機を購入したので、それを使用して一様に薄播きにしてみた。いずれも欠株は多少できたが、容易に補植できる程度である。苗はかなりよく育った感じだったが、根の絡み方は少し不十分だった。箱から取るときや田植機に載せるときにに崩れたりすることもあった。これは薄播きゆえかもしれない。まあ、結果的にはあまり問題にはなっていない。
 という感じで、まあまあ目論見通りにいったのではないかと思っている。来週補植を行うが、浮いたり転んでいる苗もあり、そのあたりも確認して最終評価をしてみたい。まあ、最終評価は収穫の具合をみてのことだが。

comment

Secret

No title

すごいですねほぼ尺角植えとなりましたね。 間隔のばらつきは車輪のすべりも考えられます。 ともかく最新の乗用田植え機と同等の株数で植えたのはさすがです。 苗が余れば田んぼを増やしましょう、、、米が不足しそうですから、、

No title

まっすぐではなく斜めに植えられたものも多いようです。
1日経つと浮いてしまったものもあり、経過の観察が必要ですね。
大雨が降ると、調節装置があっても水が深めになるので
来週はちょっと大変かもしれませんが、
手植えに比べれば補植は楽ですからね
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード