サツマイモの危機

 午前中にジャガイモ250キロを掘ったが、通常だと2人日の量、これを2人×半日で片付けたので、さすがに脱力感があり昼食後はのんびりしていた。そうすると、先に外に出たカミサンの叫び声が聞こえる。なにやら「サツマイモ」と「全部」という言葉が繰り返されているようだ。まあとにかく何かにやられたらしいので、ツナギに着替えて電気柵セットを一輪車に載せて上の畑に向かう。
 行ってみて詳細を聞くと、サツマイモの苗が全て抜かれているというのだ。叫び声を聞いて、てっきり葉っぱを食べられたと思っていたが、予想とはちょっと違っていた。これはシカではない。色々状況を把握してみると、苗を作るための親イモを数本埋めておいたものがなくなっているらしい。サツマイモを掘り出して食べ、他にもないかと全ての葉っぱやツルを引き抜いたのではないかと想像できた。

サツマイモ被害

 状況を考えるとやはりサルの可能性が高い。午前中、第2農場でイモ掘りをしていたときに、地主さんが最近サルを見かけたといっていたが、どうもそのサルが犯人ではないかと思われた。
 植えてあったサツマイモの苗は、根も伸びて順調に育っていたが、また植え直しである。カミサンが植え替え係、私が電気柵設置係となって、午後いっぱいかけて復旧と防衛体制を敷いた。サルは、おそらく一カ所にはとどまらずに色々な場所を渡り歩くはずだが、これでうちの農場も立ち寄り場所に登録されてしまったのではないかと思う。明日は第2農場の既設電気柵のチェックを行い、さらなる被害を防ぐことにする。

復旧・防御作業

comment

Secret

No title

大被害でしたね
ちょっとのすきを見てやってきますからね
猿ですか、電気柵の対策でばっちりだと思います

植えなおすためのサツマイモの苗は大丈夫ですか?

No title

畝立てをやり直して
抜かれた苗を(ちょっと根を切ったりして)
また植え直していましたよ(カミサンの作業でしたが)
きっと大丈夫だと思います。
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード