最近挑戦中の省燃費走法について

 ガソリンの安い国だからあまり気にしなくていいんじゃないかと思うが、ワシントン近郊で暮らしている娘からこれについて質問があったから、整理してみる。
 もともとは私が自分で考えたものではなく、プリウスαを注文したことをきっかけに、プリウスを徹底的に乗りこなしている皆さんの走り方に触れる機会が増え(URL経由)、その中で自分なりの考えも織り込みながらやっている方法である。この数週間にわたって実施しているが、今の車は私のみが使っているわけではなく、カミサンが街中をブイブイいわせながら駆けている部分もあり、特にジャガイモ収穫後はそのウエイトが増えているので実際の数値としてはまだとらえ切れてはいないが、感覚的にはかなりの好結果が期待できるとみている。
 
 基本的な考え方としては、電車方式である。私は子供のころから(チャンスがあれば今でも)、電車の運転席の真後ろに陣取り、運転手の操作やメーターの動きをみるのが好きなんだが、電車で駆動力をかけている時間の割合はかなり少ない。電車でGO!をやっても、そのあたりは体感できるけれど。加速してある程度の速度になったらあとは空転である。速度が落ちてきたらまたモーターに電力を送り込んでいる。
 電車は、鉄のレールの上を真円に近い鉄車輪が乗っかっているので、転がり抵抗はかなり低いはず。クルマは道路とタイヤの間の走行抵抗に空気抵抗も加わるから、惰性で走れる距離は電車ほどは多くなく、スピード低下も早いけれど、同じような走り方はできないこともない。私はなるべくそのように走っている。イネの育て方で、「への字稲作」という方法がある。肥料のきき方をへの字カーブにするというものだが、この走り方もへの字である。ギュッとスピードを上げて、ダラダラと惰性で走る。
 空いたフリーウエイや田舎道などがテストに適していると思うが、まず(下限)速度を一応決める。たとえば60マイルとか40マイルとかである。その15~20%上あたりまで加速し(この場合遠慮してソロソロでなくても可)、アクセルを緩めると同時にNレンジにシフトする。なるべく転がるように心の中で励ます。下限速度に落ちたら再度加速する。これをずっと繰り返すのである。道路はまっすぐでもなく平らでもないから、上り坂を加速区間にして下りを惰性区間にしたりすれば効果は大きい。カーブも、脱出時を加速区間にするとか、カーブの手前を惰性区間にするとか、前方の信号に合わせて区間設定をするなど、考える要素は色々あるので退屈はしない。要は、効率よくガソリンを使い惰性で走る区間を伸ばすということである。
 Nレンジにするとアイドリング状態となるため、燃料がカットされるエンジンブレーキ状態に比べて不利という話もよく書いてあるが、実際にやってみるとNにしなければたちまちスピードが落ちてしまい、惰性走行などできたもんじゃない。アイドリング時のわずかな燃料に比べ、空走する距離のことを考えれば割に合いそうである。ただ、当然のことながらエンジンブレーキが効いた方がいい下り坂であればNレンジにすることはない。
 
 一応リスクのことにも触れておこう。この類の話には必ず壊れても知らないよという警告が付随している。もっともらしい話としては、AT車ではNレンジだとミッション内のオイル循環が不十分となり、冷却も不十分となって破壊につながるというものである。運が悪かったり、ATオイルの状態が悪かったりするとそうなるかもしれない。だが、うちの13万キロ以上走ったフィールダーでは、ほとんど心配していないし、壊れてもいいような気分になっている。早ければ来月には納車だし。ただし、CVTだと中の仕組みがわかっていないから何とも言えない(CVTはダメと書いてあるHPあり)。
 リスクについて0更に細かく言うと、車というものは駆動力をかけていないと不安定とか、とっさのときにアクセルで逃げることができない、などという指摘もあるが、そういう問題が発生しそうなところでは、そもそもこんな走法は使うべきではない。長い距離を淡々と走るときにこそ意味があるものだと思う。一旦スピードに乗ってニュートラルに戻すと、エンジン音は弱まって風切音やタイヤの音などが残るが、結構静かになって面白い。条件さえよければ2割くらいは向上するとみているので、やってみてください(自己責任で)。
 そうそう、これはいっておこう。先に書いたリスクは実はあまり心配ないと思っているが、注意しなければならないのはエンストである。走行中にエンストすると、ステアリングとブレーキのアシストがなくなってしまう。力いっぱいやれば曲がるし停まるが、絶対にあわてるはずだ。スローが不安定な車は現代の電子制御の車にはないはずだが、そんな予兆があったら何よりも先にサービス工場に入れる必要がある。

 私も計測してみたいが、燃費計などもついていないので、現在の車ではちょっと無理。このHPでいろいろ分析しているようである。

comment

Secret

燃費とは無関係ですが

ファルケというエンジン付きグライダーに乗ると、
エンジンを切った瞬間から風切り音だけに突然
変わります。
風の中をさまよっているという感じですね。

ロードノイズの無い車って無いかしらん?
と思ったら、こんな車が・・・・・・
http://www.terrafugia.com/

No title

音もなく進むというと、大学のスポーツ実技で乗った
ディンギーを思い出します。l

貧乏性な私は結構複合商品が好きでした。
時計やライトの付いたボールペンなど
しかし、こういうヤツは金持ちの領分ですね
そんなものを私も見つけました。

http://amejam.com/archives/50764432.html

No title

最近の車特に乗用車はオートマが当たり前ですが田舎ではそれほど必然性は感じられません。 特に軽自動車では丈夫さの点からもマニュアルが有利だと感じています。こちらの進歩も望みたいですね。 大原から会所まで信号の最少コースを取れば5箇所しかありませんので田舎は楽ですね~

Re: No title

信号は本当に少ないですね
久留里からこっちだと老川だけ!
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード