バインダー(ヤンマーYB30)の大掃除

 たびたび書いている通り、最初に刈った1号と最後に刈った4号田んぼにはケモノ(シカ?)が入っており、1号は半分程度、2号は3割ほどのイネが倒れていた。それが収穫にもひびき残念だったのだが、刈り手のバインダーにもかなり影響があった。
 
イネに占領された
 
 4号田んぼをほぼ刈り終わったちょうどそのとき、エンジンが停止。ガソリンはまだちょっと残っており、ガス欠ではない。そのちょっと前から紐でくくって右脇に出す処理をしないなと思っていたんだが、よくみるとバインダーの中にぎっちりイネが詰まっている。引っ張って取り出そうとしたが、容易には引抜けないほど硬く詰まっている。ハザがけが残っていたので、日曜日はそのままにして終了。
 
どこもぐちゃぐちゃ
 
 
 翌日点検して見ると、すべてのフトコロ(結束部・刈とリ部・イネ収容部)にイネが満員電車状態でつまっていた。どうにもならないので、はずせるところはすべて取り、色々な道具を持ち出して引っこ抜き始めた。まずはハサミで切れるところを切り、ついでプライヤーで引っ張る。これをひとしきりやったが、かなりてこずった。ドライバーで穿り出すのが結構効果的だった。しかし、おかげでバインダーの構造はよく理解で来た。怪我の功名である。
 
タイヤの裏側
 
 タイヤの裏側にも泥やイネが入りこんでいる様子だったため、イネ取が一段落した段階で田んぼの方に移動し、エンジン動墳も持って行って後は水をかけて吹き飛ばすことにした。しかし、タイヤをはずすと見事に泥が詰まっていた。ということで、去年よりも念入りに掃除をし、注油も行った。オイル交換は見送り。

バインダー完了

それにしても、農業機械はよほど安全率を見込んでいると思う。今回のイネの巻込みなど、一般の機械なら絶対壊れているといっていいほどの状態だった。エンジンなども、ひどい状態で使われていても、いつも緩々と回る。田植機と同様、年に数日しか使わないのだが、翌年引っ張り出してくると、数回のリコイルで息を吹き返す。定年農家には機械はとてもありがたい存在である。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ  「定年帰農」を「ライフスタイル」の定番にしよう。虹のバナーをクリックしてください。

comment

Secret

No title

綺麗になりましたね~
バインダーはこのときだけの専用機ですから(米の機械は専用機が多いですが)次の出番は来年ですから十分に休ませてあげてください。

No title

そういえば、田植機の掃除はしていなかったような・・・・・
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード