イノシシが夜中に侵入していた

 昨日は疲れていたので書けなかったが、夜の見回りの時にケモノの侵入を確認した。田んぼの方に出てみたら、バシャバシャという水の音がして、黒っぽい動物が向こうの方に走っていった。大きさはそれほど大きくないが、どうも若いイノシシだと思われる。そのイノシシらしい動物は向こうに走っていって、どうやら電気柵をスルリとくぐり抜けたらしい。おいおい、毎度毎度ちゃんとメンテしているつもりなのに、効いてないのかねえ。
 
 ということで、今日の午後は草を刈りながら電気柵の点検をした。その結果、下のワイヤーと土の間が20cmよりも広いところを3個所ほど見つけた。田んぼの土手の精度にかなりいい加減なところが問題だったようだ。
 それぞれの問題個所に杭を追加で打ち込み、より線を下に引っ張ったり、さらに1本下に追加したり、一応対策を講じた。それにしても、ワイヤーだけの簡易な電気柵にはちょっと限界があるかもしれないと思い始めている。来年に向けての課題である。

柵補強1
    右の杭を追加し、一番下のより線を追加した

柵補強2
    左の杭を追加し、一番下の線をさらに下側に引っ張った

柵補強3
    パイプを通したあとの凹みに杭を追加した


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ  全国の定年到達者、予備軍の皆々様 「定年帰農」を「ライフスタイル」の定番にしよう。

comment

Secret

No title

ミミズねらいでしょうか?
ますます草刈が大変ですが頑張ってください、、

No title

このごろは畦や土手はいじっていませんね。
実入りが悪かったり、足元がぬかるんでいたりという
悪条件のイネは刈っていないので、それを食べていると思います。
それがなくなると、天日干し中にイネやサトイモを狙うと思うので
田んぼを起さずそのままにして置きました。
コナギの花も咲きそうなので、早くつぶしたいのですが。
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード