農機小屋の位置を決定

小屋予定地田んぼ側

 小屋の位置については、3カ所の中から2カ所に絞っていたが「農機小屋用地検討中(3箇所から選定)」、最終的に屋敷の裏の柿の木を伐り、そのあとに建てることにした。やはり、家に近い方が何かと便利であろう、という至極単純な理由である。例えば電気なども容易に引っ張れるし、クタクタになってバックホーから降りて100m以上も歩きたくないというものぐさな理由もある。

農機小屋予定地

 昨日は、4m角の四隅にポールをたててテープで周囲を囲ってみたが、予定地の中には柿の木が1本、イワツツジが1本、椎茸のホダ木立てが1組、田んぼ側にはネットフェンスがあり、杭が数本打ってある。やはり問題は柿の木で、樹高が10m程度はあるので伐採も当然だが伐根が容易ではなさそうだ。まあ、そんな仕事も今後多そうだからバックホーを買うわけだが、小屋を造ってから買うのではなく出来上がる前に買うというのが条件となりそうだ。掘った後の埋め戻しもしっかりやらないと、あとで土間にクラック・陥没等の問題が発生するだろう。大きな樹木を伐った後の始末については、いろいろ調べてみる必要がある。また、木を伐る際にも大きな枝を払うなどの手順がありそうだ。まあ、樹に上ってチェーンソーというのはやめておくことにしよう。
 


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村 全国の定年到達者、予備軍の皆々様 また応援してくださる皆様 「定年帰農」を「ライフスタイル」の定番にしませんか、どうぞバナークリックお願いします。

comment

Secret

プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード