なぞの陥没穴 in 下の畑

陥没

 敷地内の畑でもっとも低い場所にある畑(下の畑と呼んでいる)には、現在葉菜類やブロッコリーなどを植えているが、その一角に結構な深さの穴があいた。穴自体は50cm角程度だが、深さはもっと大きい感じである。原因についてちょっと考えてみた。
 このあたりには、前の所有者が古畳を埋めるという無茶をやったところで、入居した年の春、ちょうど借りていたバックホーで1.5mほど掘り起こし、埋め戻したことがあり、そのあたりに原因が潜んでいる可能性がある。ことさら転圧などは行わなかったが、それ以降もトラクターで耕耘したりというのは何遍もあるし、中に空洞ができていたということは考えにくい。ただ、この位置から1m+高いところにある井戸の水面は地面から3m位下だから、ここでの地下水レベルは2m以内ということも考えられる。数日前に100ミリを越す雨が降ったから、その水位が上がったかもしれない。先ほど触れた井戸は、山から流れてくる地下水脈を当てにしたものだろうから、きっと道路を挟んだ向かいの山から北側隣地の湿地に流れる水脈を頼りにしている感じだ。おそらく、それが土砂を持って行った犯人という推測もできる。特に、その道路反対側の山というのは、先日来ほとんどの樹が伐採されており、これまでの貯水機能はゼロになったはずだから、この推理もまんざらはずれてはいないだろう。

向かいの山
    前(南側)の山からは、うっそうとしたスギ林・ヒノキ林が消えてしまった

 入居時にバックホーで掘ったときは、地下水など顔を出さなかったが、意外に水まですぐに到達するかもしれない。ただ、禿げ山になったから出たり枯れたりがありそうだ。すでに井戸は2本あるし、24時間流れてくる沢水もあるので、これ以上を望むこともないが、ため池を作ってみるのもおもしろい。(またドジョウですか?:自問)
 


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村 全国の定年到達者、予備軍の皆々様 また応援してくださる皆様 「定年帰農」を「ライフスタイル」の定番にしませんか、どうぞバナークリックお願いします。

comment

Secret

プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード