街道歩き(中仙道編)を思い出す

 農業を始める直前、約3年前までやっていたことがあった。それは、前の年に始めていた街道歩きの続きで中仙道を歩いていたのだった。最初の年の春から1年間で東海道を踏破、続いて日光街道、そして中仙道は日本橋から蕨、蕨から上尾、そして3回目は上尾からどこかまで。この前、そのどこかは北鴻巣ではないかと推定していたので、農作業無しの祝日の今日、車でそこを目指した。
 記憶では二股の道を右に行き、最寄りの駅から湘南新宿ラインで帰ったのだが、地図をみて見当をつけたところはどうもピンとこない。一応、北鴻巣の駅を訪ねたあと、また中仙道に戻った。そしてしばらく行くと、吹上の駅の方に入る二股を見つけた。その分岐にはラーメン屋、そのちょっと先にコンビニがあったのだが、私もカミサンも「ああ、ここだった」と思い出した。そこから吹上駅の方に行ったが、駅をみたカミサンはそこで間違いがないことを確認した


追分1

追分2

 まだ日も高かったので、旧街道を熊谷方面に向かう。歩くと大変だが車はあっという間である。駅のそばに車を駐め、今度は歩いてみる。熊谷周辺の街道は国道17号線となっていて、とても広い道になっていたが、そこを往復1時間程度歩いて、なんとなく街道歩きの頃を思い出した。

吹上駅

吹上間の宿

 街道歩きは、休みの日にどこかから1日分歩き、そこから家に戻って次の休日に次の期間を歩く。つまり尺取り虫のように街道を歩いていくのである。我々の場合は1日に地図の旅程で約20キロから25キロ、実際に歩く距離はその2割ましくらいかな。真夏も1日中歩いていたので、真夏の農業もその勢いで乗り切っているほど大変ではあったが、実に面白い体験であった。仕事を辞める来年からは時間の余裕もできるので、吹上から先に再挑戦である。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村 田舎暮らし・人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。 

comment

Secret

プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード