水の心配(続き、井戸掘り編)

 井戸といえば、小学校のころ住んでいた目黒の家を思い出す。目黒区最西部の駒沢に近いところにあったその家には井戸があった。家自体は大正時代に建てられたものだったが、同じように古ぼけた納屋が付属し、その一角に手押しポンプの井戸があった。当然使われなくなって久しいものだったから涸れ井戸状態だったが、あるとき隣に住んでいた同級生とその井戸に挑戦した。
 呼び水なんていうことは知識にあったから、バケツで水を注ぎながら交代でポンプで汲み出そうとするが、スカスカでまったく手ごたえがない。1時間とかそれ以上ひたすら続けるうち、急に手ごたえがあって赤い水が流れ出た。二人とも大喜びだったのはいうまでもない。田中君というその同級生は、背が高くてやせていたところから、担任の先生から「でんちゅう」と命名されていた。いつも遅刻仲間だったが彼も還暦だ、どうしているんだろう。

 思わず昔のことを思い出してしまったが、色々調べてみると井戸を自分で掘ってしまう人も多いらしい。中でも、曾我部さんという方が考案した井戸掘り機 が有名らしい。理屈で考えると厄介なものではなく、たとえば螺旋形の歯を地中に向けて回転させ、掘り出した土を取り除き、穴の開いたパイプを入れて壁を確保する、つまり地下鉄などのトンネルを掘るときのシールドマシンの超小型版を考えればいいのだろう。そんなことを調べたり考えたりしていたら、古くなった井戸ポンプの修理方法も見つかった。それを見ていると、どうも井戸が涸れていたというよりは、ポンプのピストンの部分の機密性に問題があったのではないかと思う。まあ、今頃わかっても仕方ないんだが。

 古井戸の状態を見て、自分で掘ってみることも考えてみよう。

comment

Secret

プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード