鹿にタケノコをやられる

筍鹿


 昨日勘定奉行がタケノコを掘りに行ったとき、生えているタケノコの頂部が食いちぎられて周囲に皮などが散乱している状況を発見した、それもかなりの本数。どうやら一番柔らかい穂先の部分を鹿にやられたようだ。敵はイノシシだけではなかったわけだ。どうせならイノシシのように掘り出して全部食べた方がすっきりする。
 幸い、前日来た仕事仲間一家がかなりの量(お釜3杯分)とってくれていたから比較的被害は少なかったが、それでもいい餌場として認識されてしまったかもしれない。まあ、その藪は永年放置状態だったから、とっくに鹿の「ぐるなび」には載っているだろう。
 それにしても、前日に見えているものは採ったはずなのに、翌日には結構地上に顔を出しているタケノコがあったこと、どれも発見しづらい急な崖の部分だったからかもしれないが、そんなところを鹿は自由に移動して食べているんだということ、その二つが新たな発見だった。
 

鹿筍

comment

Secret

猪や鹿などの獣害対策に日本オオカミ協会ホームページの"Q&A"にあるように狼の導入を!
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード