ポンプで手こずる

 ポンプ自体が古いことに加え、こちらが操作方法を知らないこともあり、更に一部の不具合もあって、なかなか順調に動かない。というか、動くことは動くのだが、水が揚がらずに竹藪の斜面を上がったり降りたりを何回もする羽目になった。
 
 今日は一応呼び水を注してからスイッチを入れたが、上がって確認しても水は出ていない。川の水を何回もバケツで汲んで呼び水を注すが、それでも水は揚がらない。上の田んぼまで3往復、川まで降りて水を汲むこと3度位やって、とうとう農協に助けを求める。
 どうやら呼び水はポンプの本体を満たせばいいというわけではなく、下の川に入っている取水口までのパイプの中まですべて水を入れなければいけないということが判明。それで、またバケツで水を汲んで呼び水を注す。しかし、バケツ3杯分を入れてもまだ揚がらない。
 もう一度農協に問い合わせると、どうやら取水口についているフットバルブという弁が閉まっていない可能性があるということだった。上下に揺すれば閉まるはずということなので、川に入ってやってみた。が、まだだめだ。結局、困ったときのCRC5-56を吹きかけて揺すったりして何とか閉まったらしい。
 
 思い出すだけで疲れるが、これで何とか様子がわかってきた。上がったり降りたり、水を何度も汲んだが、田んぼの水を人力であげることを考えれば、何のこれしきと考えながらやっていた。 止めた後はバルブを閉めておくと、次に動かすときにパイプ内に残っている水が呼び水になるから楽だよ、と農協さんに教えてもらった。どうもこのポンプは、動かすときも止めるときもそばに行く必要があるようで、タイマー制御は無理とわかった。近い将来、ポンプ本体も換えることにしよう。

comment

Secret

プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード