久しぶりの雨、春先のタケノコ・シイタケに期待

 おかげで仕事にはならなかったが、久しぶりに雨が降った。20~22日の3日間で73㎜と結構まとまった雨であった。12月は1日から3日まで雨が降り、特に3日は98㎜という大雨だったが、16日の1.5㎜以降、途中1月11日に0.5㎜降った他は雨が降らなかったから、随分久しぶりである。
 ショボくなっていた沢水の量は、この2週間ほど量っていなかったが、概ねの見当では0.2立米/毎時程度から1.5立米/毎時くらいに増えているはずだ。元気がなかった菜花やブロッコリーも少し息を吹き返したようである。まあ、寒さは厳しいから限界はあるけれど。今時はシーズンオフのような感じもするが、実はそうでもなく、春になってからのタケノコやシイタケの出具合に結構大きく影響するのではないかと思う。
 しかし、問題もなくはない。あと一回仕上げをしたいと思っていた4号田んぼの均平作業だが、ちょうどよくなっていた水加減がこの雨で増水して先送りになってしまった。もうそろそろカエルが卵を産みに来るので、85%位の仕上がりで我慢せざるを得ないかも。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。

comment

Secret

タケノコ

タケノコは品種(というか、味)の見極めが重要です。

在来の孟宗竹は、かなりエグイ味がします。
タケノコ産地は、味の良い竹を栽培しているのです。

味をよく見極めて、場合によっては別の孟宗竹を植える必要もあります(在来種であれば、その可能性が大きい)。

竹は一本が一匹の生き物ではなく、薮全体で一匹とか二匹とかの世界です。クローンです。
(最初の植え方で違う)


別な見方では、混血とか選抜がかかりにくく、エグイ竹はずーっとエグイまま永年生きています。

No title

もともとタケノコは苦手な私ですから知りませんでしたが、
大多喜町はタケノコの名産地のようです。
もっとも有名な地域は平沢という私の農園の山一つ超えた先です。
当家のタケノコは、えぐみがほとんどありません。
名産地そばで土がいいのか品種のせいかわかりませんが、
育って土の上にかなり飛び出したものでも癖はないようです。
おそらく昭和40年代くらいに植えたと思いますが、
当時の住人の方は、いろいろ工夫をする根っからの農家でしたから
質のよい孟宗竹を植えたのではないかと思います。
ということで、別のものに換える必要はないでしょうが、
以前アドバイスしていただいたように、領土拡大気味なので
そちらに注意を払う必要があると考えています。

タケノコ

>当時の住人の方は、いろいろ工夫をする根っからの農家でしたから
質のよい孟宗竹を植えたのではないかと思います。

それは、よかったですね。
全国的には少ない確率の幸運に、当たったのだと思います。

No title

福平さん、色々教えていただきありがとうございます。
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード