定年後の生活の変化(1ヶ月後)

 正確にいうと定年は3年前、その後3年間は再雇用という形で引き続き同じ会社にいたから、都合40年と9ヶ月サラリーマン生活が続いていた。それを暮れで終了して1ヶ月が経過した。わずか1ヶ月だが、生活は大きく変化したのでそのあたりを考えて整理してみよう。
 まずは時間が完全に自分のものになったということが大きな変化だ。最後の方は結構自由にやっていたつもりだが、それでも自分以外の要素で予定や行動は影響を受けていた。それはほとんどなくなったといってよいだろう。家族との摩擦も、当家の場合だとほとんど問題とはなっていない。もともと農場での行動は完全に別で、必要なときに協力しあう形なので、今のところはその延長になっているのだろう。ずっとこのままかどうかは、現時点では判断しづらいところである。
 そのことと関係があるが、何かやろうと思うとかなり集中できる感じだ。やはり、平日の昼間に仕事があるというと、時間のかかるものでは細切れになってしまうし、どうしても片手間感が生まれてしまうんじゃないかと思われる。今年になってやったことは、いずれもあれこれ色々考えながらできているように思う。作ったばかりの看板についていえば、サラリーマン時代なら平日の夜をつぶしたりしても結局メインは週末の作業だから、2週末ぐらいはかかっていたかもしれない。それが1日で完了、そんな感じだ。
 その他、気になっていることは体重の増加だ。農場にいるときはそうでもないが、横浜の家にいるときは、ついつい間食をしてしまう嫌いがある。暇なのかもしれない。つられてカミサンも体重増となっているようで、間食禁止につきあうよう求められている。私自身は怖くて体重は量れていないが、増加していることは明らかだ。
 あとは、通勤時間がゼロとなったことはやはり大きいだろう。私の場合は、始発に乗り換えたり、始発の出る駅に回ったりしていたから、3時間以上/日を費やしていたので、生まれた時間的余裕は大きい。ただ、通勤時も考える時間や文章を書くという使い方をしていたから、いくらかはそれ等が不十分になっているかもしれないが、はっきりした変化は今のところ感じ取れない。
 ということで、比較的忙しい農場での暮らしと、ちょっとのんびりしながらまとまった仕事や勉強をやる横浜の自宅での生活が、ほぼ適当な割合で始まっている定年後1ヶ月である。


 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。

comment

Secret

No title

体重の増加は人事ではありません、、
健康診断でも一番に注意しなければならないところです、、
成長期と比べれば当然代謝は衰えますので量を減らす必要はあるのでしょうね、、辛いですが、、
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード