省エネの工夫(2点)

 今年の寒さはかなりのものだ。それに、省エネということが時代の大きな流れでもあり、いろいろ考えて2つのことを実施している。

プチプチ

 一つ目は、屋外開口部のガラスにいわゆる「プチプチ」を貼るということで、今日その作業を行ったがかなり具合がいい。これまで小さなガスヒーターでは15度くらいまでしか上がらなかったものが、外が2~3度と思われる現在、18度もある。結構画期的である。

ビニールカーテン

 もう一つは、うちでは少し前からやっており、カミサンの仲間にもフォロワーが続出しているらしいが、透明なビニールで部屋を仕切ることである。私の家はダイニングキッチンと居間が一体になっており、両方合わせると20畳弱になる。おそらく6畳用程度のヒーター2台でこの部屋の暖房を賄っていたのだが、両方同時に点けることはあまりなく、食事の時はDK側、TVを見たりするときは居間側の1台のみを点けるのが通常だった。それでは暖房機の容量が明らかに不足で、ホットカーペットの上に転がってカバーするという状態だった。それが、このビニールカーテンを設置したところ、つけている方の温度も上がるし、反対側との温度差が10度位になることもある。18度と8度という感じである。こちらについては予想以上に効果があったといえる。
 原発はナシと思わねばならないし、中近東情勢も波乱含みである。電気であれガスであれ、エネルギーの消費は抑えなければならないだろう。まだ他にも色々考えてみたい。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。

comment

Secret

No title

暖房でしたらやはり薪,炭がこれからの主役になれば山が整備されますね、、
薪,炭は立派な再生可能エネルギーですね、、
会所なら有望です、、

No title

都会だと、
やっぱりガス電気に頼らざるを得ませんね
会所では色々やりたいけれど、炭はまだこれからです。

No title

先日不在時にお邪魔した時にビニルカーテンが子供たちのいい玩具になっていたのは秘密です。

No title

おばあちゃんにTAK達がきただろうといったら
そうだっけね、といっていた。
そんな調子だが、どんどん遊びに来てください。

No title

西之谷の家はいつもとても寒かったので、すっかり家の中での快適温度が常人より低くなってしまい、いつも家族の人に寒すぎると不評です。無駄遣い大国から、少しでも省エネしてエネルギーが日本に届くように祈ってます。

No title

西之谷の家は、入ったときは冷蔵庫のように冷えているが
この工夫のおかげで、温度が上がるのは早くなり
しかも今までよりも高い温度になるようだ。
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード