本日の勉強項目

 苗をもらいに行った際、木更津のIさんがHさんという方を紹介してくれた。おそらく半世紀以上農業を続けてこられた方で、I農場のあとH農場にもお邪魔して、カミサンは色々教えてもらっていた。
 
ショウガの植え方
 
 一つは、毎年失敗しているショウガの植え方だが、ちゃんと畝を立てること、タネの軸を畝の軸とちゃんと合わせること(写真参照)、肥料を他の作物の倍以上やること(追肥は3回くらい)、土被りは乾燥で5~湿地で10cm程度、株間は30cm位で中間に肥料を散布.
 
 
 次は在来種の大豆のこと、小糸在来を想定。実の入りが悪いのは播き時期の問題が多い。小糸在来なら7月初め頃の1週間が適期。時期が早くても遅くても受粉しにくくなる。
 ソバのことも聞いた。先週、ご近所のソバ畑を耕耘したのだが、こぼれ種がいっぱい発芽していた。そのままでも良いんじゃないかと思いながら耕耘して全部つぶしたのだが、H先生の話だと今どき出ているこぼれ種のソバは雌しべができずに実ができないのだそうだ。なるほどと先週のことを思い出した。
 
 それにしても、今日聞いたことは、今まで読んだ資料などでは知り得なかったことである。うちのご近所の先生から聞くこともそんな話が多い。農業に関わることは本当に奥が深いものだ。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。

comment

Secret

ショウガ

ショウガの栽培、植物系堆肥が良いと聞いた事があり、去年実戦してみました。
案外と良い結果が得られました。
今年は、草刈り後の乾かした草を下に敷き、その上の土と一緒にショウガの塊を植え付けてみました。
塊を小さくしすぎると良い結果が得られないみたいです。
肥料もそうでしたが、土寄せも重要と思いました。
でも、畝に揃えることは知りませんでした。
確かに、その方が良いですよね。今年は植え付けてしまったので、来年は揃えて植えるようにします。
イノシシ、相変わらず猛威ですね。

No title

四緑木星遊び好きさん、
とにかく肥料を食うから追肥は3回
ショウガ専門農家は5回くらいやって
人の背丈くらいに育てている、といわれました。
うちは毎年失敗していますが、
教えてもらったので今年は大丈夫かな。
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード