スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大豆の苗作り

 雑誌現代農業といえば、NHKのためしてガッテンと並び「本当かね?」という記事が多い(と思う)が、去年の7月号と一昨年の7月号に同内容の記事が出ていたので、ものは試しとやってみることにした。それは大豆の収穫量を増やす作り方についてである。

大豆AB

 写真も撮らずにやってしまったのでプロセスは割愛するが、上の写真左側のようになった苗(A)を、下の写真のように本葉と根を切って(C)植え直すというやり方だ。まことに大胆である。カミサンなどは「あり得ない」といっており、主根のみを切るという右側の苗(B)も作成した。取りあえずBとCを60株ずつ作りポットで育苗中。Aタイプはジャガイモの跡に一棹と3分の1植えた。それから畑で主根のみを切ったBを造りながら3分の2棹植えておいた。

大豆C

 そもそもこのやり方は、不耕起栽培で有名な故岩澤信夫さんが考えたものだということだ。食糧危機になったときに、タンパク質を摂るにはもっと国内で大豆を増産する必要があるという理由だそうで、それから考えるとさすがという感じだが、頭と足を切られた苗をみると「本当かな?」と思わざるを得ない。
 肝腎の成果は一体どうなんだろう、とBLOGなどをGoogleで調べてみると、やってみたというものは見つかるが、結果については明確に書いたものが見つからなかった。鈴なりという表現のものはあったが、ちょっと具体性に欠けている。去年はこのやり方だったが、今年は在来の方法に戻したというものもあった。とにかく、結果をちゃんと確認してBLOGで発表するところまではやりたいものだ。

小糸在来

いろいろ実験するので、去年うちで採ったタネ用の大豆では足りなくなる可能性もある。今日、木更津の直売所で小糸在来という大豆を買ってきた。今年は畦豆にも挑戦したい。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【大豆の苗作り 】

 雑誌現代農業といえば、NHKのためしてガッテンと並び「本当かね?」という記事が多い(と思う)が、去年の7月号と一昨年の7月号に同内容の記事が出ていたので、ものは試しと...

comment

Secret

プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。