昨日の作業

田んぼ


 一昨日までの3日間で、田んぼに入って草を取った時間が累計25時間となった。昨日はさすがに田んぼの仕事を見送ろうとしたが、カミサンが残っている苗を空いているところに植えようと言い出した。田んぼに植えたイネはかなり大きくなっているので、意味はないといったがやり始めたので、様子を見る。ところが、田んぼの隅に植えたままになっていた残りの苗が、意外に生長している。一人前に分けつしているものもある。それじゃ植えてみるかと私もはじめた。
 そうすると、4号のコナギが結構大きくなっているのを発見。仕方なく、苗の植え付けから草取りにまた転向。結局、1週間の田んぼ草取り作業は30時間になってしまった。まあ、そのかわりに1万5千株あるイネとはじっくり対話をした。
 ただ、稲の生育のばらつきが結構あり、いまが出穂の30日くらい前になるので活を入れておこうと、肥料を撒いてやった。基本的には自力で育って欲しいので、成育の悪いところに絞ったけれど。
 
 
 残りの時間は、借り畑に行って真ん中の畑(落花生+サツマイモ1畝+大豆9畝、残りは大根予定地)の草取りと土寄せ。大豆は、高性能緑化苗の4畝のみだったが。

大豆

 それにしても、大豆の生命力はすごい。このあいだ植えたあと、カンカン照りが続いたので心配していたが、ダメだった苗は1割程度。あとは元気に葉を出している。土の中には根が張っているはずだ。落花生も同じやり方で実験したが、ほとんどカビだらけになった。万能ではないのかもしれない。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

comment

Secret

No title

育ちの差があるとやっぱり気になりますよね
この差をなるべく少なくしたいのですがなかなか原因がわかりません(苗、水、肥・・・)

雑草を取ってから追肥をと思ってましたが、あまりの暑さに追肥だけにしました。こんど、早朝に草取りします。
7月末には田乾しができるといいなあと思ってます

Re: No title

> 育ちの差があるとやっぱり気になりますよね
> この差をなるべく少なくしたいのですがなかなか原因がわかりません(苗、水、肥・・・)

本当に原因はわかりませんね。
ちょっと気になるのは、植えるときの深さなどではないかということです。
苗の状態の差もあるかもしれません。
機械植えで1個所に何本も植えているような普通の田んぼでは、
こういうばらつきはみられないので、ちょっと考えてみました。
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード