スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渇水状態で野菜が厳しい

 ケモノ(イノシシ)の対策に話題が偏っている嫌いはあるが、実はこの他にも問題は色々ある。大きな問題は雨が降らず渇水状態となっているということだ。降水量を調べると、7月が117.5mmと標準のほぼ半分程度だったが、続く8月は26日までで19mmと極めて少ない。田んぼに入っている沢水は、1時間あたり風呂桶一杯半程度で必要量の2割もないから、6時間/日くらいポンプで揚水している。イネは川の水で何とかなっているが、野菜にはとても厳しい。ナスやピーマンなどは消えかけている。ピーマンは結構丈夫なはずだが、虫にやられている。サトイモも、水の発散を防ごうとしているのか、葉を巻き加減である。

大豆畑
 
 一番困っているのが今年ちょっと力を入れている大豆である。今回採用した栽培方法では、窒素をどんどんやれば花がどんどん実になるというのである。幸い、木はどんどん育っており今がちょうど花の時期なんだが、水と窒素を大量に要求するらしく、尿素と水をたっぷりやってきた。でもちょっと足りないだろう。このあたりで夕立でも降ってたっぷり水やりをしてくれるとありがたいが、そんな兆しはない。雨乞いでもしたくなる今日この頃である。
 
大豆の花
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

comment

Secret

我が家も、雨乞い

少雨のせいでしょうか、今年の夏野菜はあまり良くありませんでした。

サトイモも、以前お世話になった「トミー倶楽部」の先生の教えに従い、稲わらを根元にかぶせ、湿度を確保していますが、今一つです。

トミー倶楽部では、収穫後のトウモロコシの茎葉をサトイモの根元に敷くなど、季節の移り変わりの中で、合理的に再利用していました。

この頃、トミー倶楽部の先生の教えに「なるほど」と、納得しています。

No title

そうですね、雨が少ないためですね。
サトイモは一昨年の小雨の時、
虫がついて大変でしたが、今年はまだそこまで行っていません。
会所あたりだと、夜中にさといもの葉っぱを見ると
梅雨で真っ白です。
そんな形で水を集めているらしいです。
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。