スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電気柵(借り畑のサツマイモ用)は有効

 借り畑のサツマイモがイノシシにやられたのは9/16のことだった。すぐに設置した電気柵は有効だったようで、以後10日間一度も侵入していない。昨年はうちの田んぼを電気柵で囲っていたが、結局素通しで入られた結果に終わったが、今後のために何が違っていたかを整理してみる。まあ、収穫するまで護り通せるかはまだわからないのだが。

電気柵1

 もっとも大きな違いは敷設長さだ。昨年は田んぼの山側と休耕田側、合計150mに3段のワイヤーを張ったが、イモ畑は周囲60mに4段、トータルでは倍半分近く違う。そのため、電圧がかなり違っていると思う。また、イモ畑は草も刈って完全に管理された状態になっているが、昨年の田んぼの周りでは草などが掛かってそれによる電圧低下もあったはずだ。地面の凹凸も結構あるが、イモ畑ではきちんと対策を施している。去年の田んぼの場合は完全ではなかったようだ。
 もう一つ大きな違いがあった。昨年は地面から下のワイヤーまで20cm、次まで30cm、その上まで40cmにしていた。今回のイモ畑は15cm間隔4段としており、やはり間隔は詰めた方がよさそうだ。

くぐり抜け防止

 上の写真はイモ畑の一部だが、低いところにポールを一本刺し、斜めのワイヤーを増やしている。また、もう一つの侵入防止策として、海苔網を電気柵の外側の地上に這わせている。爪の間に入るのを嫌うと何かに書いてあったのだが、確かに海苔網の部分には足を踏み入れていないようだ。

サツマイモの危機

 私の使用している装置は、電機会社を退職した人が個人で販売しているもので、基板のみを購入して極めて安価に作ることもできる。面倒なら完成品・半完成品の購入も可能である。ただ、オートバイ用の点火装置部品(中古)を流用しているため、電圧については高級品ほどは出ていないようだ。しかし、ちゃんと張って管理すればイノシシを防ぐことは可能である。幸い6台ほどあるので、今後は広いエリアをガードするというよりは、数百平米程度の個別の作物を護る方式にしていこうと考えている。

私の装置購入先はこちらです
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

comment

Secret

プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。