信州松本訪問、二日目その2

 その昔、松本のマンションの管理人だったご夫婦が、仕事を卒業してイタリアンレストランを始めていたので、ずいぶん久しぶりだがそこに行こうじゃないかということになたなった。探し出したら、そのお店は雰囲気や名前も変わっており、どうやら代替わりしてしまったらしい、どうしたんだろう。アテがなくなったので、市内を回って色々探してみる。では、有名な鯛萬にいこうかということになり、隣の鰻屋駐車場に車を駐めてカミサンが下見に行ったが、一泊2食付きの宿泊料金とあまり変わらないという報告だったので、そのまま鰻屋(櫻家)に変更、ここでは概ね半額程度でお昼が食べられた。久しぶりに中国産ではないウナギを食べられて、それもよかった気がする。

鰻屋と鯛萬
      左:鰻屋  右:鯛萬
 
 昼食後は、松本の南にある牛伏寺に寄って、静かな秋を楽しむ。ちょっと早めだったが、塩尻から高速に乗り横浜を目指すのだが、途中の諏訪湖SAからカミサンに運転を任せ私は一眠り、初狩でまた交代し横浜まで帰ってきた。帰りは約4時間と順調、走行距離は約630キロ(21Km/L)、使ったガソリンは約30Lということになる。行くときに入れたスタンドに立ち寄ったが、1日違いで140円に値上げ、先ほどレシートで確認したら一日目の単価は134円だったことが判明。何かの間違いだった可能性もある。

牛伏寺
      牛伏寺で、素晴らしい茅葺き屋根、牛もいる
 
 帰りは八王子ではなく圏央道の高尾山ICから出てみた。昔なら、開通した道路なんていうとさっそく行ったりしたものだが、農場往復に追われそんなこともできずにいた。往きは2時間20分もかかったように、横浜から中央道へのアクセスはとても酷い。たった2Kmだけでなく、少なくとも東名まで早く開通して欲しい。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

comment

Secret

プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード