スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あるようなないような大阪の想い出

 父親が役人だったため、高校生になって何とか落ち着くまでは全国を転々とした。大阪についていうと、中学2年の夏休みに徳島から引っ越してきて、1年後の中3の夏休みに東京目黒区に引っ越しをした。どちらも夏休みのまっただ中に引っ越しが決まったから、9月になったら忽然と姿を消すというパターンである。その頃の大阪市内では一部の受験校に越境入学することが普通で、私も18クラスあった東中学という公立の学校に市電で通っていたから、そばに住む友達もおらず、「引っ越しするんだよ、バイバイ」なんていう挨拶もなしに次のところに移ったのであった。
 そんな状態だったから、大阪で過ごした1年間の想い出は少ない。家の2階から見える景色で2つ、大阪城と乳業会社の牛乳瓶の看板程度だ。大阪城は一応ライトアップされていて、それが消える頃に眠りについたような気がする。ずいぶんあとに大阪を訪れたとき、住んでいた家を探そうと近所の自動車学校あたりから辿ってみたが、さすがに半世紀近くの時間は記憶も(もしかしたら)家自体も消し去っており、想い出をつなぐことはかなわなかった。
 このような元家探しは大阪の前に住んでいた徳島でもやったことがある。第2室戸台風の際に膝あたりまで浸水した海のそばの家も、残念ながら見つからなかった。今から再度チャレンジしたら、Google Mapや進歩著しいナビの力を借りて探せそうな気もするが、歳をとるとなかなかおっくうになり、それの実現はなかなか難しい。ここで話していたのは半世紀も前のことだが、今日常的に見ている景色や様子についても、個人差はあるだろうが記憶の断絶は必ずやってくる。特に歳をとると著しいと私は感じている。
 それにしても大阪駅周辺はすごいことになっている。東の東京駅周辺もずいぶん変わったが、南北のゲートホテルの間の大きな空間に位置する大阪駅は、東京駅よりもなんだかダイナミックである。私は、ホテルの向かうシャトルの発車場所を探してそのあたりを右往左往した。横浜と大多喜をアクアライン経由で往復するという比較的単調な生活を繰り返している身には極めて大きな刺激だった。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

comment

Secret

プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。