スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田んぼ作りを振り返る(2)土木工事の続き

 「田んぼ予定地のレベルと作り方(ほぼ最終)」という記事を見直してみた。2009年3月17日だから、重機を借りる直前で計画がほぼまとまったときのものである。ここに、敷地と田んぼの計画の概要がまとめてあった。
 
 ① 田んぼエリアのレベル差は最大2.4m(55m角くらい)
 ② 概ね西側の山(川)に近い方が低い(東西レベル差平均50cm)
 ③ 北側隣地に接する部分はほぼ水平である
 ④ 全体的に北下がりであり、各田んぼ北側の畦は元地盤より
   30~50cm程度の盛り土となる。
 ⑤ 逆に南側の畦は、想定畦レベル(北側畦上端と同じ)から更に
   高くなっている。
 ⑥ 個別の田んぼのレベル差は、1号、4号は比較的小さく2号3号は大きい。
 ⑦ 田んぼ用地の東西側はレベル差が大きい場所などがあり、
   当面は田んぼに組み入れることを避けることにした。
   
田んぼ断面1
   
   
断面検討図も簡単なものだが作っていた。田んぼを4枚とするか3枚とするかはギリギリまで決めていなかった。このスケッチでは3枚で計画していたが、その後土手の高低差が大きいということで真ん中の段を2枚にしたのだった。
 これらからも判るとおり、どの田んぼも南側(斜面の上側)の土を削って北側に盛っている。だから、最初の2年くらいは削った方のイネが貧弱だった。削ったところの土には養分がなかったらしい。造成後すぐの田んぼのレベルは、造成前の傾斜をかなり引きずっており、どれも特に西側が下がっている傾向が残っていた。これは4号が一番甚だしかったが、今年くらいになって何とか水平に近付いてきた感がある。コメを作っていると、水の流れもあるし、毎年代掻きするし、だんだん水平になるものらしい。
 
 田んぼについては、その年の暮れから正月にかけて大改修を行っている。その計画段階の記事が次の通り。
     「田んぼ改修-断面計画
この記事の中には、田んぼの造成前のレベルをプロットした表が入っている。このときの改修は、面積を増やすことが目的であり、通路や畦などをつめてかなりの面積増が実現できたはずだ。

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

 田んぼができると水が必要になる。水は、イネの生長にももちろん必要だが、田んぼをチューンアップするときにも重要な役割を果たす。10年以上前、前の前の持ち主がまだ田んぼをやっていた頃には、沢水と川の水を使っていたとご近所さんから教えて貰った。

comment

Secret

プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。