会所に日本一を作る

会所のもみの木

 先日、ご近所さんと話していたときに聞いたアイデアだが、「会所に日本一のクリスマスツリーを作れないか」というものであった。このエリアにはもみの木庵という蕎麦屋兼そば打ち道場があるが、これはもとあった小学校の分校を利用して地元の人たちが運営している店である。その名前の由来でもある大きなもみの木が分校跡の真ん前にある。これに電飾をすれば、日本一のクリスマスツリーができあがるというわけだ。

45度

 そこで本日の夕方、樹の高さを測定してみた。方法は、樹の頂を45度に見上げる位置を調べ、そこから樹までの距離を測るという原始的なものだ。45度については、NEXUSの分度器機能を利用したが、ちょっと角度の誤差はあるかもしれない。一応、45度に見上げるところから樹までの距離を測ったら32.8mとでた。巻き尺の表示は34.6mだったが、端部を留めたところが該当地点より1.8m遠かったのでそれを補正した。

距離を測る

 次に調べてみたのは、日本一のクリスマスツリーはどこにあるのか? スカイツリーをクリスマスツリーにするという大技は除外しておきたい。普通のもみの木を使ったものというと、神奈川県清川村のものと、大分県臼杵市のものが大きいようだ。いずれも30m前後と言うことだが、このくらいの樹でも毎年成長するようで、今現在の高さははっきり判らない。ということを考えると、ちょっと微妙なところだ。しかし、世の中へのアピールの仕方によっては注目される可能性もある。距離的にはちょっと遠い印象はあるはずだが、木更津のアウトレットから1時間で到着する。(といってもこれはちょっと遠いかもしれないが)
 それに実際にもみの木があるのは国有林エリアで、営林署との交渉は必要になる。また、もみの木と分校跡の間には町道が走っており、その上を電飾などがまたぐことになるため、大多喜町との調整も必要だろう。まあ、どちらかというと大多喜町と共に町おこしをするというスタンスがよさそうな気がする。どうでしょう森の中の分校跡とクリスマスツリー、興味ありませんか。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。



comment

Secret

日本一のクリスマスツリー

日本一のクリスマスツリー、せひ成功させてください。
町との交渉は大変でしょうが、楽しみにしてます。

No title

豊田さん、コメントありがとうございます。
今日もご近所さんと話をしました。
来年までにはぜひとも実現したいと思います。
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード