スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

味噌作りが進行中

 うちの直売所のお客様の味噌寒仕込みは今週がピークである。昨日は袖ケ浦の麹屋さんに立寄り25Kgの麹を持ち帰ってきた。今日の午前中、うちのカミさんはご近所の幼稚園の味噌作りイベントに出向き、にわか先生をやってきた。まあ、もとは家庭科の先生だったから昔のようにやったんじゃなかろうか。
 今回初めて味噌作りをやってみるというお客さんも結構いらっしゃる。今朝麹を取りに来られたあるお客さんもその一人だったが、かなり心配なようであれこれ質問をされていた。数時間後、再び来店されたので「何か問題発生か?」と思ったがそうではなかった。ゆでた大豆をちょっと味見したらあんまりおいしいので、煮豆にして食べたいからと言うことで追加で買いに来られたのである。どうやら味噌作りの方は順調だったらしい。
 ちょっと宣伝みたいな話になってしまったが、そうではない。実はうちでも大豆の味がこれほど違うということは、小糸在来という豆を作るまでは知らなかった。何も味付けせずに煮ただけで砂糖とは全く違う甘さが出てくる。これは驚きだった。昨年から作付け面積を増やして味噌を作ってもらおうというキャンペーンをやったのも、もちろん作った大豆を売るという目的もあるけれども、こんなうまい大豆があることを知っていただきたかったという気持ちも大いにあった。前の記事では遺伝子組替えに関するエピソードを書いたが、そのこととも密接につながる話だ。昔から伝わってきた安全でおいしい種子を絶滅させてはならない。これまではTPPのこともあまり考えずに来たが、農産物自体の輸入よりも遺伝子組替え技術が押し寄せる方がずっとおそろしいことだろう。大豆も大事だが米(コメ)を侵略されたら大変だろう。田んぼと畑2反歩ずつという零細農家だが、瞠目して考えていきたいものだ。
 
 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

comment

Secret

プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。