スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フクロウ・フクちゃん 元気に山に帰る

飛び去る前のフクちゃん

 本日夕方、そろそろ大丈夫じゃないかとカミさんと相談し、小屋から外に出して置いてみた。すると、それほど高くはないけれど力強く羽ばたいて、隣の家を超えて100m位先の雑木林まで飛んでいった。一応軽トラで追いかけたが、そこからさらに飛んでいき、林の中に消えていった。



 先週のトライでは数mしか飛ばず、飛んでいった先でこちらが抱き上げるのを待っていたんだが、今日はもう調子がよくなったらしい。面倒を見ていたものとしては、エサをちゃんととれるかどうかなど心配なところもあるのだが、飛べさえすればそのあたりは何とかなるだろう。これで、先月20日からのフクロウとの生活も終わりを迎えた。あとは、私が夜の見回りをしているときにあいさつに来てくれるとうれしいんだが。
 
  
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

comment

Secret

No title

フクちゃんがいなくなり、記事が読めなくなるのは寂しいですが、元気に巣立てて良かったです。
お疲れさまでした。

No title

無事復帰おめでとうございます・・
今後はネズミ等の害虫駆除に活躍されることでしょう・・
フクちゃんの子孫繁栄を願います・・

黄砂が来る前に山頂を片付ける予定です・・

良かったですね!

きっと、あいさつに来てくれます。

その際は、動画もよろしくお願いします!

Re: No title

> フクちゃんがいなくなり、記事が読めなくなるのは寂しいですが、元気に巣立てて良かったです。
> お疲れさまでした。
トーマスの父さん、
森に帰せて本当に良かったです。
きっとまた会うことがあると思います。

Re: No title

これから繁殖期で、ぎりぎり間に合ったんじゃないかと思います。

山頂プロジェクト、よろしくお願いします。

Re: 良かったですね!


> その際は、動画もよろしくお願いします!

挨拶はきっと夜なんですよね
救助するときに明るいヘッドライトをつけていましたので
私の顔を見ると目を細めていました。

ドキドキ…

こんにちは。
ついにこの日がやってきましたね。
読ませていただいてる側もすっかり情がうつってしまい、空っぽになった巣箱を想像しては寂しい気持ちになり、なぜだかドキドキしてしまいます。
フクちゃんにとっては自然がいちばんなんでしょうが。
もう怪我しないように、幸せに暮らしてねフクちゃん。

さて、私は近頃新しい仕事でバタバタしているので、今週は直売所に伺えませんでしたが、また寄らせていただきますね。




Re: ドキドキ…

昨夜は、もしかしたらおなかをすかせて帰ってくるんじゃないかと、
フクちゃんが入っていた小屋を外に出しておいたんですが、帰ってきた形跡はなかったので
連れ合いさんと出会って自分たちの巣に戻れたんだと思っています。
さみしいですが、自然に戻せたということで肩の荷が下りた気もします。

直売所情報は、このBLOGと facebook で発信していますので、またご利用ください。

山へ帰った

フクちゃんを山に帰したとは、ビックリです。ブログを毎日チェックしていなかったもので恐縮です。フクちゃんは、実にかわいい容姿でしかも無口。てっきり私は、ずっと長期に飼い続けるものと思いこんでいました。情が移ったのではないですか。

Re: 山へ帰った

ふさひかりさん、コメントありがとうございます

> ずっと長期に飼い続けるものと思いこんでいました。

飼い続けたいとも思いましたが、どれほどちゃんと面倒を見ても
フクちゃんにとっては囚人状態で、楽しくはないでしょう。
ちょうど繁殖期で、夜中にうちの田んぼの周辺にいたフクロウ(おそらくパートナー)もいたし、
できるだけ早く帰す必要はありました。
それに法律で野生の鳥獣は飼ってはいけないことになっているし。

とはいうものの、いまだに寂しいですよ。
タブレットや携帯の待ち受けはフクちゃんにしてあります。
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。