渋谷の街角で

 西武百貨店や丸井のある一角にあったはずの大盛堂がなくなっていた。渋谷の代表的な本屋だったのだが、いったいどうなってしまったんだろう、という浦島太郎気分で渋谷を歩いていたら、変わった人を見かけた。

サッカーおじさん2


 頭に日本軍と書かれたヘルメット、半ズボン、背中には「豊」と買いてあるリュックサック、思わずデジカメに記録したが、結構早足で前には回りこめなかった。
 あとで「渋谷」「変なおじさん」などのキーワードで適当にgoogleしてみるといくつもヒットする。着ているものがサッカーの日本チームのユニフォームであることから「サッカーおじさん」と呼ばれていることが判明した。そして、日常的に渋谷を中心にその印象深い姿で歩き回っていることもわかった。どうやら写真を撮られることは嫌いらしい。
 そんなことで掲載についてはちょっと考えたが、後ろ姿なら街の景色の一部だろうと自分で解釈して載せることにした。横顔が映る信号待ちの時の写真はやめておこう。

 渋谷には「サッカーおじさん」を見に行ったわけではない。できてからずいぶん経ってしまった副都心線を見に行ったのだった。とくに渋谷駅は著名なアーキテクトの設計で、端正なたたずまいや大きなタマゴ状の構築物が特徴的だが、どうも渋谷の雑然とした様子からは浮き上がっている感じである。逆に「サッカーおじさん」の方が街にとけ込んでいるようだったりする。東急文化会館が復活したり、東横線が副都心線に乗り入れたり、駅周辺の再整備がすむとシームレスにつながるのだろうか。


渋谷駅
         地中船の一部
渋谷駅1
         周りは雑然

 渋谷という街には縁が深かった。小学校の後半と高校時代を過ごした家が渋谷からバスで15分ほどのところにあり、街に出かけるというと渋谷だった。高校も渋谷圏だったし、時々だったが大学に通うのに大盛堂前から出るトロリーバスを使ったこともある。さすがに時間の流れは色々なものを変えてしまうものだ。


渋谷駅学生
      建築学科学生風のグループ

comment

Secret

プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード