4号の田植え

 実は3号畦の決壊は4号にも影響していた。崩壊は一気に進行したんだと思うが、泥と水が通路を横断して4号に流れ込んでいた。ちょうど土が足りずに深くなっているところだから好都合だったが、実はそれでもまだ深い。
 水を抜きながら田植機を持ち出した。とりあえず苗を積み込んで1往復してみたが、あまりうまく植えられない。ちゃんと植わっているのは1/4もない、あとは苗が出なかったり刺さらずに浮いていたりという状況。やっぱり専門家にきてもらおうといつもの農機具屋さんに電話をしてみたら、都合良く大多喜のどこかにいたようで、30分ほどできてくれた。
 さっそく機械の状態や設定などをチェックしてもらったが、基本的にはちゃんと動いていること、設定としては深植え(途中から中間)・苗の量は中間ということで、ほぼそのままでやってもらったが、どうも完全にはいかない。苗の状態(長さ・根のからみ方)に問題がありそうだ。苗がちゃんと出ないことがあったり、泥の中に潜ってあまり植えに出ないことがあったりという具合である。
 時間的にはとても早く30分ほどで終わってしまった。二人がかりの手植えだったら2日でも終わらないはずだ。一応残っていた8箱をほとんど使った。できあがりの方だが、水の上に顔を出している苗はあまり多くない。よく見ると植わっているが水の上に顔を出していないものがかなりある。再来週くらいまで待ち補植をするが、かなり大変そうである。
 今年の苗は生育が今ひとつだった。鹿に食べられたというハプニングはあったが、そのせいだけでもないだろう。手植え、機械植えいずれにしても、苗をどう作るかということをもっと調べる必要があるだろう。

4号田植え

comment

Secret

プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード