サルは相変わらずやって来ている

 土曜日のこと、いろいろ教わっているお隣のおばあちゃんが茹でたトウモロコシを持ってきてくれた。実はトウモロコシはちょっと若いものだったが、サルが入って齧ったりしているため、慌ててとったらしい。他にもカボチャは持って行くし、プラムは食うし、どうにも手が付けられない状態らしい。
 そこのお宅は、昨年度県の交付金を申請して、畑の周りに延長160m(H=2m)の金網を設置し、シカやイノシシへの対策は万全だったのだが、簡単に乗り越えるサルはちょっと手ごわい。どうも柵の外のプラムに来てその延長で柵の中のカボチャやトウモロコシに手を出したようだ。
 昨日、おばあちゃんと息子さんがいたので、うちで余っている高圧発生装置やワイヤーを持って行き、張ってみたらと提案してきた。私が手伝えればいいのだが田んぼの草取りがピーク状態で、機材の融通以上のことはちょっとできないのが残念だ。今週行ってまだ張っていなかったらやってしまうことになりそうだが。

0707カボチャ3

0707カボチャ2
    坊ちゃんカボチャで、ちょっと小さ目 これが売れ筋

 お隣りが高圧線を張ると、今度はうちに流れてくる。以前からカボチャは盗られ始めていて、カミさんはできているカボチャを布で隠したり、海苔網を張って盗りにくいようにはしているが、すぐに網の外に進出して実をつけるので、イタチごっこのようである。そんな中で、今週は4個を収穫していた。今のところサルと人間の収穫数はほぼ同じである。ただ、サルはまだ若いものばかりを盗っており、実質は人間の勝利かもしれないが、薄氷を踏むような状況で、横浜の家でこれを書いている今も、農場ではサルが暴れているかもしれない。
 
0707カボチャ1
    サルがかじった若いカボチャ、齧っただけで捨てていった、けしからん
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

comment

Secret

プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード