スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の雑誌取材の結果

 前に、「雑誌取材の話が舞い込んだ」で概略を書いたが、本日実際の取材があった。事前に質問事項はもらっていたし、それに従って内容なども整理していたので、順調に終了。詳細は記事にまとめてくれるのでここではあまり触れないが、50代の皆さんが開業準備をするためのヒント集(農業編)というような内容だから、果たしてこちらの話がどの程度役に立つのかはわからない。雑誌「人生の達人」は8/20発売予定。
 今日は我々への取材では終わらなかった。その後、大多喜町役場で産業振興課農林係の皆さん(課長補佐・係長・副参事)達との面談が組まれていたので、私も出かけていって加わってきた。そもそも、事業として農業に跳び込むというのはかなり無理があるし、一個人のみの力で開業するのは大変だという実体験から、自治体としてのサポート体制の整備を進めてもらおうということで話をつないだのだった。実際のところ、農業従事者資格取得の条件を1反歩以上と通常よりも敷居を低くしていること(一般は5反歩以上、農地を借りるときも1反歩以上なら農業委員会に申請できる)、空家バンク制度で住居のあっせんを行っていることなど、やっていることはゼロではない。今日の成果は、今回の記事の中で農地取得や賃借などを希望する場合やその他いろいろの問い合わせ先として「大多喜町産業振興課」と明記してよいとの了解が得られたことだ。たくさんの問い合わせが殺到すれば、対応の方法の模索やシステム化なども進めざるを得なくなり、色々な人たちを受け入れる町へと変化していくだろうと期待している。
 
余談だが、新装なった大多喜町役場はなかなか面白い。もともとの建物は隠れた名建築だったが、それを改修して増築建物をつけた構成になっている。増築部分はやはり旧館のような大空間となっている。ずいぶん意識して計画したものだと思う。写真くらいとってくるべきだったな。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

comment

Secret

プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。