スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稲架(はざ)一部完了

0904単管パイプ

 今日は未明から雨が降り、日中も雨模様というので、単管パイプなどを買いに出かけた。行った先は市原のビバホーム、昨年の電話調査では仮設材料が一番安く、例えば4mの単管1本で200円以上も安い(比較対象はカインズホーム、ジョイフル本田、コメリ)。今回は4m単管が13本、その他クランプなどもある程度買うため、1時間かけていっても元が取れるわけだ。
 
0904稲架1
 
 とりあえず既存の稲架のうちの南側部分の改修に着手する。この区間は6本の柱で4mのパイプを渡したものだが、このそれぞれの柱を高くかさ上げし、パイプを2段にするというもの。一応午後の3時間ほどで作業完了。これで約32m分の稲架が出来上がった。明日は北側部分の改修を行う。こちらは6スパン2段だから48mとなる。合計で80mの常設稲架ができることになる。コメ以外に大豆や落花生などいろいろ干すものはあるので、さび止めをしながらずっとかけて置く予定だ。

0904稲架2

 このほかに鉄筋ハウスを横にして単管パイプと組み合わせた稲架を刈り取った後の田んぼに設置する予定で、これは30m程度干せるため全体の3分の2程度の稲架を確保できることになった。毎年、稲刈りには2~3週間程度かかるため、3分の2程度あれば使い回しが可能だろう。
 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

本日のメインはイネ刈り(1号田んぼ) http://rookiefarmer.blog26.fc2.com/blog-entry-1551.html

comment

Secret

No title

パイプを使ってはざを作るなんて、考えましたね。
うるち米はコンバインで刈り取って乾燥・籾摺りに出してしまいます。自分で乾燥させるのはもち米だけですが、昔ながらの竹さおを使っています。竹やぶから切り出す作業もしないといけないです。

No title

竹のはざは毎年のように倒れていたので、転換してみました。
田んぼも畑もやっていると、竹を切ったり稲架を組み立てる手間も省きたいという意図もあります。
現代農業9月号の記事ともつながりますが、
毎年歳をとるわけで、作業量を次第に減らすことも将来に向けた大きな課題です。いつまでできるかわからないが。
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。