今年のビニールハウスを振り返る

0926嵐の後のハウス

 二度の台風は結構な風を吹かせたが、ビニールハウスは無事だった。今日もおそらく瞬間で20m/s程度は吹いていたと思うが、全体がグニャグニャ動きはするものの大事には至らなかった。前回の台風の時には25m/sくらいは吹いていたと思う。ということで、3月の設置後すぐに大風にビニールを破られたことによるトラウマは遠ざかりつつある。案外丈夫じゃないか、というところだ。
 ところで、まだ半年だが振り返ってみると、このハウスは結構よく働いたという印象だ。最初のうちはイネの苗づくり、サラダミックスやラディッシュなどの早いサイクルのものを植えたが、このあたりは当たり前に便利なものだと思った。いやこれはすごい、と思ったのはそのあと植えたトマト、スイカ、プリンスメロン、マクワウリなどだ。いずれも水をなるべくやらずに甘さやうまみを濃縮させるものだが、路地ではできないものがハウスの中ではかなりうまくできる。
 ただ、3間×8間の24坪では限界があり、スイカなどはほとんど自家消費になってしまった。そんなことからもう一棟増設するつもりだが、使い方についてもまだまだ工夫の余地があることもわかっている。今回は間口を3分割して使ったが、壁側には入れないエリアができてしまった。トマトの収穫のために何とか壁側に潜り込んだが、作物によっては両側からてを出せるようにしなければならい。プリンスメロンは空中栽培にしてスペースの面では有効だったが、手を入れづらい場所ができてしまった。上からネットを吊るような工夫も必要だろう。トマトも園芸用ポールで支柱を作ったが、これも上から吊るような方法を考えたい。まあ、作業性を考えた配置と作物の生育計画を考えていく必要があるらしい。

 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

comment

Secret

プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード