水温上昇用の溜め池

 沢水の温度が低く稲の生育に影響するのではないかとかねてから心配していたが、久しぶりにやってきた水奉行と一緒に、1号田んぼの手前に小さなため池を作った。容量は1立米内外といったところ。通常の沢水の量だと数十分、最大でも15分くらいでいっぱいになる程度だから、水温を上昇させる効果はあまりない。計測したところでは1度の上昇にとどまった。

3号池


 1号田んぼの南側には斜面がありその上に落花生畑があるが、田んぼと斜面の間には2m程度の通路がある。当初の計画では軽トラも通れる道がいるだろうと考えてこのような配置にしたのだが、実際にやり始めるとその必要はないと判った。このため川からのパイプや獣害対策のネットも通路を横断しているところもできて一輪車も通行できない状況になっている。来年までにこの部分を利用して田んぼを拡大することも思案中だが、溜池として利用する方向もあると考え始めている。1号田んぼの4分の一程度の面積は取れるから、水温上昇も期待できるかも知れない。まあ、水を吸う部分も増えるわけで、これもシーズンオフの検討課題である。
 
クレソンバレー
   沢水は左から新設の池に入り、右の1号田んぼを通ってこの水路に落ちてくる

 また、1号と2号間の水路はクレソンが根付き始めていたが、この水路を若干拡幅した。クレソンも株分けしたが、これが好調ならばさらに拡幅して池のようにしてみようと考えている。このエリアは新しい池の下になるが、10㎡程度の空きはあるのでクレソン畑にすることも可能である。

comment

Secret

プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード