スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

井戸ポンプの故障

 うちの農場では2本の井戸を使っているが、うち1本は水面まで3m程度という浅い井戸のため、電動ポンプだけでなく手押しポンプもつけてある(東日本大震災直後に設置した)。もう一本はボーリングして数十m下の水脈から上げる深い井戸で、水道がない当家では水質検査をしてこちらをメインで利用している。

pump01.jpg

 手押しポンプは、有事に際し停電でも水を使えるようにとつけたものだが、1回ガチャンと押すと1Lの水が出るという具合に意外に高効率で、野菜の水洗いや畑の散水用にずいぶん活躍している。そのポンプが日曜日に使えなくなってしまった。分解してみると、中の木製の弁が固く張り付いていた。とにかくそれを外してみないことには始まらないため、木片を差し込んでゴムハンマーでたたき、なんとか外すことに成功した。

pump03.jpg

 この部品は木製の円筒状のもので、皮が鉢巻状に留めてあり、円筒のシリンダー内を上下することで水を下からくみ上げる仕組みとなっている。結構酷使しているから皮はツルツルになっているが、木自体が膨らんでいるのか、一度外したら少々けずっても入らなくなってしまった。

pump05.jpg

 幸い、購入した時のメールは残っており購入店もわかったので、HPを訪ねてみるとポンプの色々な部品はそろっている。ただ、手押しポンプも部品について完全に互換性があるかどうかはわからない(あやしい)ため、購入店に確認してOKということで注文した。人力以外は不要でエコそのものの機械だが、ずっとトラブルフリーというわけにはいかないようだ。ただ、今回の部品も皮を張り替えるといった補修方法もあるわけで、一応購入した部品で直したあと、こちらの方法にもチャレンジしてみようと思う。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

comment

Secret

プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。