スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽釜はかなりすぐれた道具

0206お釜とお鍋

 先日、2回にわたり味噌の仕込みをやったが、大豆7Kgを仕込んだ2回目は3種の容器を使用した。アルミの鍋とホウロウ鍋、それと羽釜である。熱源として1回目は炭と薪の2種類を使用したが、薪は火勢の調節がしづらかったので、2回目はいずれも炭で行った。並行して計3時間以上火にかけていたが、中では羽釜が柔らかさのムラが少ないことなどで他の2種より優れていた。煮汁(千葉ではトウゾという)も一番色が濃かった、よく煮えたという証拠だと思う。おそらく羽釜は球形だから、熱の伝わり方のムラが少なく、これがいい結果につながっているのだろう。
 この羽釜は家に付属していたものだが、春のタケノコを茹でるときにも使うし、とても役に立っている。本稿前半ではムラがないという長所を書いたが、効率も優れている。今回大豆を煮るのに炭を使ったが、直接炎が当たる薪だとどうしても吹きこぼれてしまう。炭の放射熱でじっくりが適しているようだ。
 しかし、最近ではなかなか売っているところがないようだ。当然、インターネットでは見つかるがかなり高価である。鋳物の大きなものでは20万円なんていうものもあった。まあ、二つもいらないので引き続き大事に使うことにしよう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

comment

Secret

プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。