スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田植え定規の更新

 昨年「アイガモン」という機械を買った。刈払機の先に付けるアタッチメントで、田んぼの条間をかき回しながら除草するもので、今年は働いてもらおうと思っている。実は、昨年はもたもたしているうちにイネが育ち過ぎ、尺角植えでは狭かったので十分に働けなかった経緯がある。そこで、今年は一尺一寸角にしようと思っていたのだ。本日鴨川に出かけた際に資材(30×40ホワイトウッド垂木材)は購入済みであり、先ほどスケッチを書いて準備をしていた。

0401田植え定規製作図


 今ある定規は2年前に作ったもので、愛知県で同じようなことをやっているジャッキーさんのものを参考にして作ったものだった。経緯は該当記事をたどると確認できます) その後、定農連仲間の長生村Sさんの実家にあった芸術的な定規の写真をもらっており、こちらにも心がなびくのだが、使用資材の制約や器用さの問題があり、2年前の3号を参考にして作ることとした。明日は雨が降るようだが、こういう時には格好の仕事である。
 
参考記事
    田植え定規(四角タイプ)完成

    田植え定規2号の製作

    4/14の作業 (田植え定規3号の製作)

田植え定規トリオ
    左から1号、2号、3号

    かっこいい田植え定規

田植え定規_1


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

comment

Secret

六角形の田植え定規

私の周辺でも、江戸時代以来六角形です。

藩の規格で作ってあったそうです。

ルーキーさんが初めて作るときに言いたかったのですが、その頃はコメントできない設定にしておられたので、連絡出来ませんでした。

No title

写真を掲載している六角形の定規は、
一応検討はしてみましたけれど、
私では工作不可能と判断しました。
それに細くてしっかりした角材が簡単には
手に入りそうにないです。
しかしいつかは作ってみたいと思います。

私の作る予定のものは30×40mmの角材を
使用していますが、一部ロープを使用しても
相当重いです。
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。