スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大多喜町役場庁舎

0408大多喜町役場

 今日は買い物ついでに役場に立ち寄り、書類を提出してきた。この役場庁舎は、実は大昔から縁があった建物だった。私が通った大学の大先輩である今井兼次さんの設計した建物だが、建築学科の1年の授業の中でこれの図面をトレースするというものがあった。高校3年の秋になって建築を選んだという晩生だったため、実は1年の時に触れたこの建物の細部の記憶や思い出は残っておらず、5年前にここを訪ねても本当にかすかな記憶しか残っていなかったのである。しかし、この5年の間に新しい本庁舎が建てられ、昔の名物建築は佇まいをほぼ保持した形で残ることになった。

0408大多喜町役場旧エントランス

 実はこの建物、ユネスコの「文化遺産保存のためのアジア太平洋遺産賞」の功績賞という、なんだかわけがわかりづらい賞を受賞したらしい。そんな賞はもらわなくても、とても懐かしくなるような、コンクリートで作っているけれど暖かい感じのする名建築で、壊されて全く違うものができるという安易な道に進まなくて本当に良かったと思う。人口一万人の町では簡単に新築することも難しいだろうが、このような形も実にいい。諸般の事情で町民ではなく横浜市民のままなんだが、役場に来る用事は結構多い。そんな経緯があるので役場を訪れるのは実に楽しい。

0408役場レイアウト
    庁舎レイアウト
    私がいつも立ち寄るのは本庁舎1階産業振興課農林係

0408役場庁舎間通路
    増築した本庁舎への通路
    5年前はこの向こうにプレハブが並んでいた。農林課(当時)もそれに入っていた。

0408役場現本庁舎
    増築した本庁舎
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

comment

Secret

プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。