スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川からの揚水量の計算

 水曜日は一日中雨だったが、沢水はあまり多くない。おまけに今日はパイプが外れていたため、田んぼはみんな田植えに絶好というほど水が減ってしまった。オタマジャクシが悲鳴を上げていたので、仕方なく川水も揚げてやった。しかし、早ければ来週末から田植えを始める可能性もあり、時間のある時に代掻きをする必要もあるから、水は張っておく必要がある。

第1農場配水系統図
  当初は図のように素掘りの池に川からの水を入れていたが、
  昨年500Lのローリータンクに受けるように改造した。
    
 本日あらためてポンプの稼働時間などを測ってみたので、ポンプの揚水量を計算することにした。まず川水揚水の仕組みだが、川には1.5Kw(三相200V)の水中ポンプを入れてある。川から田んぼまでのレベル差はおそらく20m程度、一段で上げると水量が少ないため、高さの大体85%の位置に500Lのローリータンクを設置し、その中に800W(三相200V)の水中ポンプを入れて田んぼに配水している。4枚の田んぼのうち上3枚のどれにでも水を入れることができる。2つのポンプはタイマーによって制御できるようにしてある。管理の都合上、毎日の通電時間を適当に決めて使っている。例えば4時間/日とか朝3時間夜3時間ずつとかである。
 本日の計測結果だが、上のポンプは140秒稼働で160秒停止であった。ここからが計算問題だ。上のポンプの流量をXリッター/秒、下のポンプの流量をYリッター/秒とする。
 上のポンプが稼働する時間の式は、(X-Y)*140=250   (1)
    上のポンプはタンクから吸い出すが、下のポンプが水を入れるので
    その差の140秒分が250リッターとなる。
 下のポンプは160秒でタンクに250リッターの水を溜めるので
    Y*160=250 (2)
    
    (2)から、Y=1.56リッター/秒=5.6立米/毎時
    (1)から、X=25/14+Y=1.79+1.56
          =3.35リッター/秒=12.1立米/毎時

 ということで、揚水量は5.6立米/毎時程度らしい。これは沢水の最大量(途中のパイプの太さで制約を受ける)4立米/毎時よりも多い。うちの田んぼの必要水量は2立米程度と推定しているので、沢水が0としても8~9時間稼働すれば水は十分足りるということになる。いつの間にか農事用の電力料金も12円/Kwを超えているので、25円/時間程度になってしまうが。何とか沢水に頑張ってもらおう。

05031号水口


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

comment

Secret

プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。