スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田植えの準備(田んぼの代掻き)

0507田んぼ代掻き


 田植え作業まで1週間強となったので、最終の代掻きを行った。今回は、ウルトラポチで引っ張る角材の取り付け方を変えたため、泥をよく引っ張るようになった。うちの田んぼはまだ完全に水平ではないが、補正には有効だと思う。

0507田んぼの草の芽
    大きい草は「マコモ」で、これも退治中、草の芽は小さくてよく見えないがコナギのようだ

 最初はこの角材を引っ張るだけで済まそうと考えていたが、田んぼの表面をよく見ると外から見たのではわからないほど細かい芽がたくさん出ている。このため、前面をロータリーで耕耘しそのあと角材を引っ張って回ることにした。昨年は田んぼの草(主にコナギ)に悩まされたが、直前の最終の代掻きをやらなかったため、小さな芽が育ってしまったためだと思われる。
 一応4枚の田んぼを全部やったが、最後の4号は南側(通路側)に高い部分が残っているため、明日手作業で土を引っ張り、再度角材で均すことにした。

0507代掻き後

0507代掻き後2
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

comment

Secret

No title

代掻きを丁寧にやると雑草の生え方も違うんですかねえ?
今年も雑草には悩まされそうです。去年以上に田んぼの中をはいつくばうことになりそうです。>。<

No title

うちの田んぼは、3月末に一通りロータリーをかけていましたが、
今回代掻きしながらよく見たら、草の芽がかなりの密度で出ていました。
去年はこれをそのままにして苗を植えてしまったから草に苦しんだ
という証拠をみたような気がします。
やっぱり代掻きは必要でしょね。
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。