スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水耕栽培の実証実験をレベルアップ

 前に採り上げたが(水耕栽培の試行開始)、水耕栽培をやってみようということで簡単な試験設備を作ってミニトマトの苗を育て始めている。まだ1週間もたっていないので、枯れていないという程度で採否判断の材料は見えていないが、いろいろ調べているうちにかなり有効ではないかと思えてきたので、ハイポニカというシステム(概念?)を開発した協和(株)の簡単なシステムを買ってみることにした。
 
    注文した栽培用システム
 
 そもそも、N・P・K以外の中微量要素も含む液肥(ハイポニカ)を使用し、単なる水耕栽培ではなく流れを作って含有空気量を増やした溶液中に根を置いて栽培するというもので、すでに始めている実験栽培ではバスポンプや水槽用の空気ポンプで環境を作っているが、今のところ枯れたりはしていないものの、養分(液肥)や水分の補充などについては大きなブラックボックスがあり、販売されているセットに給水器なども加えて注文してみた。このシステムは一般向けの製品の中では大きなもので、根の領域は0.5平米程度あり、トマトやメロンでもかなり大きな木に育てることは可能らしい。シーズンの半分が過ぎているからどこまで育って収穫できるかはわからないが、全部自前でやっている試行システムに比べれば期待はできると思う。また両方を比較することにより、来年春に始めるかもしれないもう少し大型のシステム(2棟のハウスのうち1棟はこれ用にしたい)検討時の参考となるはずだ。

1号実験装置(自作)
0724水耕栽培


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。





comment

Secret

No title

ハウスの中なら獣害はさけられそうですね。
新しい取り組みが成功することを祈ります。費用もかかりそうですが、できるものは手作りですか?

No title

ジャッキーさん、今のところハウスには何も入っていませんが、
油断は禁物だと思います。サルが入ったという話は聞いたことがあります。

新しい試みはこれからいろいろやってみようと思います。
通常のやり方は一回りした感じですから、
次は別のことやってみたいと考えています。
基本は手作りですね。ただ、今回の場合は
もうちょっと大がかりにしようと思うと、ポンプなどの部品が色々と
必要になるため、テストは出来合いのものでやってみることにしたのです。
うまくいったら手作りの予定。
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。