スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野菜工場の見学

 先週、横浜のご近所さんから「市庁舎予定地に野菜工場がある」という話を聞き、溶液栽培にのめり込みはじめている私としては一度見学する必要があると思い、申し込みをしていたのだった。本日昼過ぎ、直売所は無人状態にして、うちのカミさんと情報源のご近所さん、それにご近所さんのお孫さん(小学生)が施設の見学に出かけていった。

0811ドーム外観

 その施設は、桜木町駅前の再開発エリアの一角で、市庁舎の建設予定地だった。横浜市の肝いりで (株)グランパ が運営しているものである。見学予約をしていたので、農場長のSさんが概要を説明してくれた。高さ5m直径29mのエアードームの中に水槽をメインとする栽培施設が組み込まれており、そこでレタスが栽培されている。溶液は微量要素まで含むもので、おそらく現在こちらが使おうとしているハイポニカあるいはOATハウスなどと同様のものと思われる。できたレタス(500株/日)は、食品スーパーなどで販売されているとのことだった。水槽に浮かべられた培地でレタスは育つのだが、中心部で定植された株は渦巻き状に回転しながら外周に移動していき、約1カ月で収穫時期を迎えるらしい。うちでは当面トマトやメロンなどの果菜類をやろうとしているが、葉菜類も可能性はあるということが確認できた。ただ、販売方法などの制約から踏み切るには壁がありそうだ。
 
 施設の概要、栽培方法などは ここ にまとめてあるので、ご興味のある方はご覧ください。

0811ドーム内

 消防法(避難等)の関係で中に入ることはできないらしく、施設自体の見学は外から透明な膜を通してであったが、元気に育っているレタスの姿は確認できた。施設・設備の具体的な姿かたちは同じにはならないし高度な制御システムとは無縁のオジサンの計測と勘による管理になるが、ビジネス(?)として運営されている野菜工場をみることができ、なかなか有意義な半日であった。
 ビジネス(?)としたのは、レタス500株/日では施設の償却費・直接関わる人件費・肥料などの費用・用水光熱費などを賄いきれるものではなく、この施設を売り込むための広告塔としての効果でも考えなければ割に合わないと感じたからでした。でも、崩壊しつつある日本の農業にとって解決策の一つではあると思う。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

comment

Secret

プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。