降水量調査

 普段行けないものだから、Weather News のサイトで降雨量の実績はチェックすることにしている。予報については僻地である大多喜町会所のピンポイントでも出てくるが、実績データとなると無理。8キロほど離れた大多喜町松尾というところがアメダスの降水量調査地点となっており、そこの降雨量は検索が可能である。毎時の量がわかるから、これは現地の状態推測にはかなり役に立つ。
 
 関東地方は6/10に梅雨入りしているが、それ以降9日間の農場の降水量は19.5㎜に留まっており、今のところ雨不足である。今週は16日(6.5mm)と17日(0.5mm)に降雨があったらしいが、この程度だと畦などの問題発生はないだろうが、沢水がきているか、4号まで不足なく水が降りているかといった方が気になるところである。
 3号田んぼの畦の崩壊は5/30に発見したが、これは28日(79.5mm)、29日(49.0mm)、30日(24.0mm)と3日間で150㎜以上の降水量となり、特に3号には配水計画の不備から田んぼ3枚分の降水が集中したことが原因だった。これについては各田んぼにオーバーフロー用の水出口を作ったから対処済だ。その他の多かった記録としては、5/5に 62.5mm というものがある。この日は仕事場の同僚Yさん一家がきて田植えをしようとしたときだが、この雨だからずぶ濡れになり、2号田んぼの2割程度で諦めたのだった。入植した1/31以降を眺めてみると、ちょうど入植日に123㎜という今年の最大降水量を記録している。しかしもう随分昔のことのようで、全く覚えていない。それ以降は、大体毎月1回程度は50㎜以上の日があったようである。
 

comment

Secret

プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード