スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定年帰農その8:森の聖霊と過ごした2週間(2)

以前執筆依頼があったということで紹介した連載コラムについては、1~7回目のものを当BLOGの記事にしてきました。ここでは10月号分を掲載します。

以下月刊ふるさとネットワーク2014/10からの転載

タイトル:定年帰農生活はまるでテーマパーク
8:森の聖霊と過ごした2週間(2)先月の続き

フクちゃん2

 保護してから10日ほど経ったある日、垂れ下がっていた翼も元に戻りつつあるということで、小屋から出して外に置いてみた。するとスーッと地面スレスレのところを飛ぶことができた。ちょっと一休みしてからからもう一度、何メートルか飛んで物干し竿まで上がって止まり、今度はそこから動かずに「どうすりゃいいの?」という感じでこちらの方を見ている。どうやら、飛べはするもののまだ本調子ではない様子。そこで抱えておろして再び小屋に入れた。

 こうなると、心の中では葛藤が始まる。自分の翼で飛んで自然に戻れる可能性が出てきたことはうれしいが、この不思議な愛らしい生き物と別れる時期が近付いたという寂しさもあり、そのせめぎあいである。それから2~3日後、もう一度小屋から出してみた。今度は垣根を越えて隣の家の向こう側の森まで百メートルほど一気に飛んでいってしまった。覚悟はしていたものの、いなくなってしまうとは思いたくなかった我々は、慌てて軽トラに飛び乗って追いかけた。もう一度木にとまっている姿をみることはできたが、ついに森の中に消えていってしまった。過ぎてしまうと2週間はあっという間だった。

 農閑期だったからどこかに旅行にでも行こうと思っていたのだが、この騒ぎの中で機会を逸してしまった。しかし、なんだかとても貴重で替えがたい時間であったと今でも思うのである。命を助けて貰ったんだから時々は顔くらい見せればいいのに、などとよく話題にはなるが、その後このフクロウ君との再会は果たせていない。しかし、山で鳴いている声はよく聞こえてくる。
 同じ2013年の9月ごろのこと、ちょっと驚かされたことがあった。フクロウの鳴き声は春の繁殖期のものだと思っていたが、その頃ときどき聞こえていたのである。ある日、山の真下まで近づいて鳴き声を聞いていると、どうも2羽分の声なのである。最初の方は普通に鳴いている声だが、追いかけるように鳴く声は明らかにたどたどしい。どう考えても親が巣立ったばかりの子供に教えている感じ、そんなやり取りが何度も続く。やがてしびれを切らしたのか、親はワンセンテンスずつ区切って復唱させている。その親フクロウがうちにいたものかどうかの確証はなかったけれど、彼が山に帰って子供を育て、こうやって鳴き方も教えているに違いない、との思いが次第に強くなったのであった。
 
  (注)この親子のやり取りは、BLOGの「フクロウの鳴き声教育(解説・分析編)」で聞くことができます。

   この記事は田舎暮らしの総合情報誌「月刊ふるさと
   ネットワーク」のコラムとして掲載されたものです。
   この本は、田舎暮らし向け物件を扱う「ふるさと
   情報館」が発行しているもので、全国の物件情報や、
   田舎暮らしに関連する色々な話題が掲載されています。
   将来の田舎暮らしを目指す方には役に立つ情報誌だと
   思います。書店では販売しておらず、年間購読の
   会員誌となっています。下記で無料の見本誌を入手
   できます。
    電話:03-3351-5601(ふるさと情報館・代表)
    HP:http://www.furusato-net.co.jp

関連記事
  投稿依頼が舞い込んだ 
  定年帰農生活はまるでテーマパーク(1)春の訪れ 
  定年帰農生活はまるでテーマパーク(2)田舎を作ろう 
  定年帰農生活はまるでテーマパーク(3)街と田舎を往復する二重生活 
  定年帰農その4:田舎暮らしの醍醐味の一つ:米作り 
  定年帰農その5:農業従事者になる(農地取得)
  定年帰農その6:害獣との戦い
  定年帰農その7:森の聖霊と過ごした2週間(1)

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

comment

Secret

プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。