ポンプの能力について(田んぼの水を考える)

 今回の「田んぼの水」検討は、これで一段落。
 現在のポンプ用モーターは3相200Vの2.2Kwというものである。もともとは5.5Kwだったが、農協担当者の「ポンプの規格から2.2Kwのモーターで可」という意見で、交換するモーターはそのサイズにした。ポンプの本来の仕様でどの程度の能力があるかはまだ判っていないが、今の使い方では60L/分程度である。期待とはほど遠い能力だ。
 同じ2.2Kwの水中ポンプの能力を調べてみた。鶴見製作所のKTZ2 2.2という型番のものでは、揚程20mの時に0.3立米/分となっている。当方の場合、高さは20mにはならないが、水平距離もそれなりにあるため大体こんなものだと思われる。現ポンプの60Lに比べ300Lだから5倍の能力と言うことである。イニシャルコストを無視すれば、現在のポンプ能力をベースにした試算値80円の5分の1、つまり米1キロ当たり16円ということになる。永続的に4枚の田んぼを維持していくということであれば、水中ポンプへの交換は必須条件となるだろう。
 現在の田んぼと畑の面積比は2対1である。敷地条件と田んぼと畑の必要労力を推定し、この程度のバランスがいいだろうと考えた結果だ。直売所が意外に好評ということもあり、もう少し畑を増やそうということになる可能性もある。そうすると、4枚の田んぼのうち1枚ないしは2枚を畑に転換することがあるかもしれない。そうなると川水(ポンプ)への依存度は画期的に低下してくる。2枚なら基本的に沢水だけで田んぼができてしまうと思われる。
 という具合に、色々なことを考えながら方程式を解いて最適解を模索しながら農場をやっていくのはとても面白い。

comment

Secret

プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード